優建築工房の増築リフォーム | 湘南・横浜・厚木など神奈川のリフォーム・リノベーションなら

増築リフォーム 人気のリフォーム

既存の住まいに建物を付け加えることで新たな生活空間が広がります。二世帯同居や家族の成長に伴う増築など、さまざまなご要望にお応えします。

増築リフォームとは…

増築は大きく分類すると2通りの方法があります。一つは既存の建物と増築部分を構造的に一体にする方法で、1階部分に増築するほか、1階の屋根部分に2階を増築する場合などがあります。もう一つは構造的には切り離して増築する方法(エキスパンションジョイント)で、この場合、既存建物とのつなぎ目は可動するような繋ぎ方をするので雨漏りやすきま風への対策が必要です。 いずれにしても増築にあたってのスタートとなるのは、法規の検討と、既存の建物の構造をしっかり把握することです。そして、それぞれの構造に見合った耐震を施し、快適で安心な住まいをつくりたいものです。

私たちの増築リフォームに対する考え方

二世帯同居をお考えだったり、お子さんの成長に伴って個室を設けたいなど、増築が必要とされるケースで多いのは、なんらかの理由で現状の住まいの面積が不足した場合です。しかし、既存の住まいのデッドスペースなどを活用することで、新たなスペースを生み出すこともできます。

本当に増築する必要があるのかを検討

増築は小規模のものでも、基礎づくりから電気工事まで、家を一軒建てるための一通りの工程が入るので、想像以上に費用がかかるものです。私たちは、最初から増築ありきではなく、場合によっては今ある家のスペースをムダなく有効活用することで、必要とされる空間をつくり出す方向性も検討します。

念入りな法規検討と既存建物のチェック

増築が必要と見られる場合は、法規に照らして現状の建物が新築当時からこれまでのリフォーム履歴の中で面積や構造がどのように変わったかをチェックし、建物の規模によっては地盤調査を実施します。そのうえで増築後の建物の構造が耐震性能を満たすかどうかを確認します。

増築後の使い勝手や快適性を想定したプランづくり

お客さまのご希望をかなえるために、最小限どのくらいのスペースをどの位置にどのように設けるかを検討します。そのうえで、増築部分の使い勝手だけでなく、既存の建物についても増築後に陽当たりや風通しが悪くなることのないようプランニングします。
私たちは、最小限の増築で最大限空間を活かせる設計力とそれをカタチにできる確かな施工力も備えています。

増築リフォームの要注意ポイント

既存建物に新しい建物を継ぎ足す増築は、建物の耐震性や住環境に大きな変化をおよぼす場合があるので注意が必要です。

  • 既存建物と増築した建物の接続部分の施工が重要です。また増築した建物が沈んでしまったり、水平を失ってしまうことのないよう、建物の規模によっては地盤調査をおすすめします。
  • たとえば、収納スペースが問題の場合、小屋裏や床下、壁の厚み、階段下のスペースなどを使えば物置や書棚などを設けることも。増築のような多くのご予算をかけずにご要望に応えられるケースもあります。
  • 増築で多いのが、既存の建物の南側に部屋を足すケースです。そのため南側にあったリビングの陽当たりに支障をきたす場合もあります。増築後の陽当たりや風通し、動線などをしっかりと考えることが大切です。

私たちの想いを形にするとこうなります

~こんなアイデアで課題を解決~

※上記の考え方や要注意ポイントを具現化した代表的な事例を紹介します。

部屋数を増やした全面改装

部屋数が足りず広さも不十分だった住まいを構造躯体は活かして大々的に増築。ただ部屋を足すのではなく、新たな一軒の大きな家として再構成しました。動線や日当たり、風通しにも考慮した、住み心地の良い伸び伸びした家になりました。

2階へのLDKを移動した増築

隣家までの距離がないため暗くなりがちな1階のリビングを2階へ移動するとともに増築。広々とした2階のリビングは、日当たりも良く冬でも暖かく快適になりました。部屋数や収納も増え、ゆとりのある家になりました。