優建築工房の耐震リフォーム | 湘南・横浜・厚木など神奈川のリフォーム・リノベーションなら

耐震リフォーム 人気のリフォーム

同じ間取りの建物が2軒あっても、さまざまな条件によって劣化状況は異なります。それぞれに応じた確かな診断と最適な耐震補強により、地震に強い住まいをつくります。

耐震リフォームとは…

阪神・淡路大震災や東日本大震災を経て、住まいの耐震補強の必要性が認識されるようになりました。しかし、耐震補強は目に見える変化を伴うものではないので、なかなか手をつけにくいようで、他の部分のリフォームに合わせて耐震補強も行うというケースが多いようです。 補強計画の方向性を決めるには、その前に耐震診断をする必要があります。壁の量やバランス、基礎の劣化状況などをチェックすることで、家のどの部分が弱く、どのように補強すればよいのかを見極めることができます。 耐震リフォームについては、条件によっては税制面での優遇措置や補助金など受けられますので、上手に活用して有利にリフォームを行いたいものです。

私たちの耐震リフォームに対する考え方

最初に見極める必要があるのは、耐震補強をすることで住まいの耐用年数をどれだけ上げることができるのか。そのうえで一定規模のリフォームの際はお客さまからご要望がなかったとしても、耐震計画をプランに盛り込みます。それがプロとしての私たちのスタンスです。

コンピュータだけに頼らない経験を元にした耐震診断

間取りが同じ建物であっても、劣化の具合がまったく同じことはありません。それぞれの住まいにとって最適な補強をするには、コンピュータを活用しただけの型にはめた診断では、本当に必要な補強ができるかは疑問です。私たちは自分たち自身の目で建物を細部までチェックし、建てられた年代や構造、施工者のクセなども含め、豊富な経験に基づいた診断を行なって耐震計画を立てます。

より確かな耐震補強を実現するために

工事が始まって解体が進むと、さまざまなものがよく見えるようになり、構造的な不備が見つかることも。その段階で再診断を行ないプランの軌道修正をする場合もありますが、着工後に工事範囲が広がってお客さまに心配をおかけすることのないよう、着工前の段階で不備が疑われる箇所については一部壊して状況を確認させていただくことで、お客さまの不安を取り除くことができます。

耐震リフォームの要注意ポイント

  • リフォーム費用の助成や税制優遇を受けるために、一定の耐震レベルをクリアすることも大切ですが、もっと重要なのは個々の家にとって的確な耐震補強をすることです。以下のように同じ条件下の建物でも、さまざまな状況のちがいにより補強方法が異なってきます。
    • ・同じ間取りの家:建物の雨漏りやシロアリ、傾きなど、傷み具合がどうか
    • ・同じ工法の家:その年代の法律に基づいて建てられているか、そうでないか
    • ・同じ年代の家:建てた施工者の技術力はどうか
  • もちろん全般的に補強を行なうのが理想ですが、現状の問題点を把握してその箇所を補強すれば、それほどご予算をかけなくても効果的に強度を上げることもできます。
  • スケルトンリフォームはもちろん、壁や床、天井をはがす程度のリフォームを行なう場合は、そのついでに耐震補強を項目の一つにリストアップして、いざという時も安心できる住まいをつくりませんか。

私たちの想いを形にするとこうなります

~こんなアイデアで課題を解決~

※上記の考え方や要注意ポイントを具現化した代表的な事例を紹介します。

耐震も兼ねたリフォーム

旧耐震基準の建物で、湿気による腐食もみられた構造躯体を全面的に補強して間取りも一新。中間階やロフトも新設して、小さいながらも無駄の無い新築同様に生まれ変わりました。

開放感のある空間に大改装

ゆとりや部屋数が足りなかったため、2階部分を1階屋根の上に増築して総2階へ。合わせて家全体の耐震補強も行い、安全で安心な開放感のある家になりました。