戸建てリフォーム

家族がひとつになる、温かい住まいに

神奈川県大和市

リビングとスタディコーナーは、高さ1.5mの壁で緩やかに仕切り、どこにいても家族の気配を感じられる空間に。

玄関からの風避けとなる造作建具は透明ガラスで広さを演出。

座のリビングスペース。格子が端正な印象に。

リビングTVボード壁の後ろはスタディコーナー。

黒く塗った既存の柱と筋違、壁のタイルが空間を引き締めます。

キッチン前には食事ができるカウンターテーブルを造り付け。

オープンな手洗いコーナーは朝の身支度が重なる時にも便利。

TVボード後ろの壁は、圧迫感がない高さ設定。

篭りながらも気配を感じられるスタディコーナーとリビングの配慮。

シンプルで使いやすい造作の洗面台。
お気に入りのタイルを貼って愛着がある場所に。

階段下のスペースを無駄なく使った収納棚があるトイレ。

子供たちの笑い声が広がる温かい住まい。
床は無垢のヒノキ材。

内窓で断熱と遮音性が格段に向上。
くつろぎのタタミスペースに。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

※ 右の写真をマウスオーバーすると写真が切り替わり、クリックすると拡大してご覧になれます。

リフォーム内容

  • 全面リフォーム
  • 環境配慮

物件概要

地域
神奈川県大和市
面積
55.48㎡
築年数
15年
工期
3ヶ月
費用
930万円

リフォームのポイント

寒い玄関ホールで分断されていた居間をダイニング・キッチンを断熱を施してひとつの空間に。
リビングのタタミスペースや子供たちが並んで勉強できるスタディコーナーにキッチンからも目が届き、家族の一体感がある住まいになりました。

私たちの家づくりについて詳しくは「優しい家づくり」「環境配慮型設計」のページをご覧ください。