戸建てリフォーム

古き良き物と新素材の融合

神奈川県愛甲郡愛川町

タモ材で造ったオリジナルテーブル、タタミコーナーからも座れます。

朝の陽射しが気持ちいい。広々LDK

壁一面に造られた洗面カウンター。家族みんなで一緒に使えます。

玄関ホールは天井・床を既存利用。手前のけやきの柱が存在感たっぷり

床材はヒノキ無垢。天井は既存和室の敷目天井。新旧のバランス感が楽しめます。

LDKの中心にある化粧筋交い。強度とデザインを兼ねています。

LDKの一角にあるタタミコーナー。多用途に使え、下には引き出し収納も

既存の広縁の天井を残したアクセント天井

間接照明でやわらかい光の演出

既存の和室の天井に貼られていた敷目板を家事コーナーの背面に貼りました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

※ 右の写真をマウスオーバーすると写真が切り替わり、クリックすると拡大してご覧になれます。

リフォーム内容

  • 耐震
  • 全面リフォーム

物件概要

地域
神奈川県愛甲郡愛川町
面積
142㎡
築年数
24年
工期
4ヶ月

リフォームのポイント

リフォーム前の間取りは和室2間続きの典型的な日本家屋。
古き良き物をバランス良く残しつつ新しい素材を融合させて、和み系住宅になりました。

私たちの家づくりについて詳しくは「優しい家づくり」「環境配慮型設計」のページをご覧ください。