優建築工房の4つのこだわり | 湘南・横浜・厚木など神奈川のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら

4つのこだわり 私たちの住まいづくり

4つのこだわりをバランスよく発揮して完成度の高いリフォームを目指しています。

創業より私たちが信念として掲げているのが「設計」「素材」「デザイン」「施工技術」へのこだわりです。この4つは、すべてにおいてバランスよく高いレベルを維持しないと満足いただけるリフォームはできません。言葉にするのは簡単ですが、実践するのはとても大変なことです。だからこそ、私たちにとってより良い住まいづくりのルールとなっています。社員全員がつねに同じ気持ちを持って、自問自答を繰り返しながら実践するよう努めています。

優建築工房の4つのこだわり 施工技術力 設計力 デザイン力 素材へのこだわり

設計力

基本設計の段階で私たちが最優先していることとして「耐久性」「耐震性」があります。お客様にご提案しているプランが現状の工法・構造や経年による劣化状態を把握したものかどうかを、担当者以外の複数のスタッフも参加し、多くの時間を割いて検証。この「デザインレビュー」というミーティングは、工事の規模に関わらず実施され、丁寧かつ細心の注意を払っています。

デザイン力

意匠設計(デザイン)においては、社員が専門知識と経験をより発揮できるよう適材適所を心掛けています。構造や耐震性、間取り変更など、ハード面の話し合いでは建築士が中心に。「デザイン=味つけ」といったソフト面では女性コーディネーターが同席し、感性や生活の知識を活かしながらパースやイメージボードを作成し、お客様と一緒に実生活をシミュレーションします。

素材へのこだわり

私たちの家づくりは、創業当時から「素材は自然なもの」であることが前提でした。
塗料や接着剤についてもMSDS(製品安全データシート)に基づいた検証により、安全性が認められたものだけを使っています。より安全で、完成度の高いリフォームのために、素材の吟味徹底は必須です。人にも環境にも優しい住まいは、「素材へのこだわり」が大切だと考えます。

施工技術力

私たちは自ら厳しい仕上がり基準を定めています。このため着工前の打ち合わせはとくに入念におこないます。現場監督、設計、大工など、すべてのスタッフが検証し、綿密な意思の疎通を図ることで予測できる問題を事前に解決していきます。着工後もさまざまな建築知識を備えた現場監督が、状況に合わせた臨機応変な対応力と的確な判断力を発揮し、高品質なリフォームに導きます。