新築事例

介護経験を活かした新築住宅

神奈川県相模原市

LDKには広々とウッドデッキを隣設。全開口サッシを採用して、より開放的にしています。

玄関戸やLDK入り口は車イスも通れるよう開口を広く計画。

平屋のメリットを活かしLDKは勾配天井に。上部の窓から気持ちの良い光が取り込めています。

トイレも介護に充分なスペースを確保しています。

ロフトはご主人の趣味室に。キッチンにいる奥様からも見えるようにして、適度なつながりを持たせています。

LDKに隣設したタタミコーナー。タタミ下には大容量の収納も計画しています。

ロフトではご主人の趣味、タタミコーナーでは奥様が書き物など、お互いの居場所をしっかり確保しています。

LDKにある大きい開口は、1日安定した光を取り入れてくれます。

ご主人のご趣味の鉄道模型。これから飾りつけをどう変化させていくか楽しみです。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

※ 右の写真をマウスオーバーすると写真が切り替わり、クリックすると拡大してご覧になれます。

物件概要

地域
神奈川県相模原市
面積
70.59㎡平屋
工期
4ヶ月

プランの特徴

お母様の介護経験を活かし、将来の不測の事態にも対応できるよう建物を計画。子育てを終えたご夫婦2人での生活のため、最小限の部屋数で平屋建を採用。平屋建てのメリットを充分活かした開放的な空間となりました。

施主様のご感想

平屋という特徴を生かしたLDK空間が気持ち良く、ロフトスペースは主人の趣味に大活躍しています。