優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 現場レポート
現場レポート

2019/02/18

引き続き、大工工事を進めています。
今週は、ユニットバスの設置、電気配線も合わせて行いました。

まずはユニットバスの設置から。

2019.2.18KTtei1

ユニットバスの設置は、基本的に今ある空間に
ユニットを置くイメージです。

リフォーム工事等の場合は、
事前にどのサイズが入るか等注意が必要ですが、
新築は特に問題なく設置完了です。

弊社の新築物件は、基本的に断熱性能が
良い造りになっておりますが、
ただ断熱性能が良いだけではダメなんです。

特にユニットバス廻りは床断熱、
壁断熱と離れて設置してしまう為、
どうしても隙間が生じます。

この隙間から空気が流れて、
折角の断熱性能を損なう恐れがあります。

ですので、

こうした部分の隙間もしっかり塞ぎ、
気流止めとします。

2019.2.18KTtei2-2

こんな感じで土台との隙間を塞いでおきます。

次に電気配線です。

2019.2.18KTtei3

電気の配線も断熱材をキズつけない様、
注意しながら配線を行っていきます。

特に断熱材を覆っているシートに、
穴などを開けない様、慎重に行います。

天井部分にも同じく配線していきます。

2019.2.18KTtei4

ダウンライト等が天井に埋め込まれる場合、
どうしても下地を切る場合があります。

2019.2.18KTtei5

この場合は、しっかりと補強材を入れ、補強しなおします。

来週は床貼り等引き続き大工工事を進めて参ります。

btn_all
btn_past

現場レポート

2019/02/11

引き続き、大工工事を進めています。
いよいよ内部の大工工事へと入って参りました。
まずは断熱材の充填です。

その前に

2019.2.11KTtei1-1

まずこの様に床面に断熱材をしっかり止められる
補助材を取り付けていきます。

そうしますと

2019.2.11KTtei2

このように下の部分もしっかり留められ気密性が増します。

上部には梁があり、
左右には柱や間柱があるので問題なくとめられますが、
床との取り合いのみとめる部分が無いため、
この様な部材を取付けます。
(この方法のみではなく別の方法もあります)

次に天井より上部の外壁面ですが、
こちらのレポートをご覧になられている方なら
ご存知かと思いますが、ファイヤーストップの
石膏ボード12.5mmを先に貼っていきます。

2019.2.11KTtei3

もちろんこのボードの中にも断熱材は充填しておきます。

この作業が終わりましたら一気に断熱材を充填していきます。

2019.2.11KTtei4

断熱際の充填が完了しましたら、
次に天井の下地を組んでいきます。

2019.2.11KTtei5

外部も先週貼ったラス板部分に最後の防蟻処理を施します。

2019.2.11KTtei6-1

わかりずらいかもしれませんが、
下部の少し黄色かかった部分が防蟻処理の跡です。

来週も引き続き大工工事と電気配線、
ユニットバスの設置を行って参ります。

btn_all
btn_past

 

現場レポート

2019/02/04

引き続き、大工工事を進めています。
2週間程行っている軒裏の板張りがようやく完成しました。

2019.2.4KTtei1-1

最後に仕上げの軒裏換気口を設置して完了致しました。

軒裏の作業が終わりましたら、
外壁部の下地の作業にかかります。

2019.2.4KTtei2-2

昨年末に取り付けておいた胴縁に
ラス板と呼ばれる左官の下地材を
打ち付けていきます。

胴縁にも種類があり、
上記写真の左に見えている胴縁と
真ん中に見えている胴縁では
幅が違います。

この写真の様な出角コーナー部分や、
ラス板のジョイント部には広い物を、
使いそうでない所には幅の狭いものを
使用していきます。

2019.2.4KTtei3-3

2019.2.5KTtei4-1

こんな感じに外壁廻り全体にラス板を打ち付ければ完成です。

今週は大体8割ほどといった所まで完了しています。
来週早々には完了し、いよいよ内部へと移っていく予定です。

btn_all
btn_past

 

1 2 3 153

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)