優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 現場レポート
現場レポート

2018/12/10

引き続き、基礎工事を進めております。
鉄筋の組立て作業が始まりました。

2018.12.10KTtei1

まず外回りの立ち上がり配筋とベースの耐圧配筋を行い、

2018.12.10KTtei2

最後に立上りの配筋を行っていきます。

給排水設備工事の土間配管も行い、
場所によってはスリーブを設置していきます。

2018.12.10KTtei3

鉄筋の組立て完了後、
社内と瑕疵保険の検査機関による
配筋検査を受けます。

2018.12.10KTtei4

検査に合格すると、
ベース部分のコンクリートを打込みです。

2018.12.10KTtei5

その後アンカーボルト等の設置を行い、

2018.12.10KTtei6

2018.12.10KTtei7-1

立ち上がり型枠の設置をしていきます。

2018.12.10KTtei8

2018.12.10KTtei9

次回は基礎工事完了の予定です。
btn_all
btn_past

現場レポート

2018/12/03

前回遣り方が完了し、根伐(ねぎり)工事が始まりました。
(地盤の掘削作業を行い、底盤まで掘削する工事)

2018.12.03KTtei1

2018.12.03KTtei2

2018.12.03KTtei3

掘削が完了すると、砕石の充填を行って行きます。

2018.12.03KTtei4

全体に砕石の充填が完了しましたら、
転圧(充填した砕石を押し固める事)を
行っていきます。

2018.12.03KTtei5

その後は、防湿シートを張り、外周部分へ型枠設置の為の
コンクリートの打設を行います。

2018.12.03KTtei6

根伐からここまでの作業を地業工事と言います。

この後、
配筋工事(鉄筋を加工し組み上げていく工事)へ
と移って参ります。

btn_all
btn_past

現場レポート

2018/11/26

藤沢市内にて、新築工事が始まります。

新築工事の場合、
地鎮祭と言って建築などの着工に先だち、
その土地の神を祭り、工事の無事を祈る
儀式を行う事がほとんどです。

新築工事では、地縄と言って地面に建物の位置を
原寸で落とすことから、私の仕事が始まります。

次に、地鎮祭の時に砂山を作ります。

2018.05.19KTtei1

どこから見ても二等辺三角形を目指して作ります。
別にそこまでこだわらなくても良いのですが、
私のポリシーです。

2018.05.19KTtei2

地鎮祭が終わりいよいよ基礎着工です。
まず最初に、遣り方(やりかた)=丁張を行って参ります。

2018.05.19KTtei3

2018.05.19KTtei4

現場レポートを読んでくださっている方は、
もうご承知かと思われますが、
建物を建てるために施工する基準となる
仮設工作物です。

遣り方も完成し、次回からは根伐り(ねぎり)=土堀~
を行って参ります。

1 2 3 150

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)