優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

コーディネーターブログ

優建築工房 季刊誌5回目の春

2018/03/12

こんにちは。事務の中村です。
花粉の季節になりました。
不快ですっきりしない季節ですが、
がんばって乗り切ろうと思っています。

さて、前回の季刊誌 yukobo letter のプレゼント。

「北欧ナチュラルの木製スツール」
2018.3.11冬号プレゼント

こちら抽選の様子。
2018.3.11抽選1 2018.3.11抽選2 2018.3.11抽選3

今回は、工事部の井出君・両角君・半田さんに
くじ引きを託しました。
すでにご当選者様へは発送済です。

皆様、ご応募ありがとうございました。

ハズレてしまった方、すみません。

これに懲りず、また!次号!!
ご応募いただけますようお願いいいたします。
次号は4月初旬にお届けいたします。

今度のプレゼントもスツール系の予定です。
どうぞ、お楽しみ。

さて、次号で20号。
創刊して5年目を迎える季刊誌です。

プレゼントのご応募などでメッセージを頂戴し、
お引渡し後のお客様のご様子が伺える
ツールにもなってきました。

お引き渡し後は、お会いする機会が
少なくなってしまいますが、
いつでも家守りのお役に立つ
情報発信アイテムとして、
お届けして参りたいと思っています。

日常で皆さんが困ってることはないかしら。
メンテナンスを呼ぶほどでもないけどな。。。
ちょっとした知識があれば参考になるのにな。。。

など、

お引き渡し済のお客様へ
工事中に伝えきれなかった思いや
これからご計画の方へ、
OBの方からこうしておけば良かった
などのアドバイスなど、
知っておいて欲しいことや
私たちの家づくりの思いなどを誌面を通して、
お伝えしたく思っています。

ちょっとお話ズレますが、
修理とメンテナンスの違いについてです。

修理とは壊れたモノ。
使用中のモノが本来の働きをしない場合や
機能が使えない状態のこと。
部品を交換したり調整をすることで、
正常な状態に戻す作業のこと。

メンテナンスとは、現在使用中のモノ。
今は正常に動いているけど、
なにか動きが悪くなってきて、
劣化が進んだ場合、
点検や調整をしたり場合によっては
部品を壊れる前に交換したりして、
故障する前の予防や使用期間を延ばすための作業です。

このメンテナンスのことについて、
季刊誌では、お伝えして行きたく、
日常のお手入れでせっかく購入したモノ達を
長く正常に保つための使い方や留意点について
も綴っています。

機器を長く保つということは、
その分そのモノがゴミにならない。
ということにも繋がり、
環境にも優しいと思うのです。

ぜひ、弊社のホームページより
バックナンバーをご覧いただき、
住まいのお手入れなど、
参考にしていただけたら、
とっても嬉しいです。

そして、
この耐久性やメンテナンスのことを見据え、
日々、考えながら家づくりに取り組んでいる
私達のことを知っていただきたく、
そんな新コーナーが次号から始まります。

スタッフみんなの家づくりに対する
思いが、皆様に伝われば嬉しいです。

中村

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)