優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

コーディネーターブログ

2019/01/07

2019年亥年、はじまりましたね。

20190107andhatsuhinode

2019年初日の出。
近所の海にて、最初の太陽を拝みます。
こう寒い冬は、太陽の温かさにより一層感謝しますね。。
お正月、皆さまいかがお過ごしでしたか?
私は、のんびりしたお正月を過ごさせていただきました。
溜めていた本たちを読んだり、
甥っ子と羽根つきならぬバトミントンをしたり、
あ!ようやく念願の話題の映画「ボヘミアンラプソディ」
観に行ったり!
懐かしい〜!だけではなく、これはこれは感動です。
ただただ感動です。
まだ上映していると思うので、興味があれば、ぜひ!

さてさて、ロックから話題を戻して、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新年を迎える準備、
ここ数年、お正月飾りは不出来な自作です。
もちろん先生に教えていただきながら、、、笑。

20190107andwara1  20190107andwara2  20190107andwara3

年の瀬迫るとある日、
日没まで太陽の光がたっぷり降り注ぐ
心地の良い先生のご自宅で、
今年も藁を仕分けするところからお手伝い。

新しい歳神様をお迎えするため、
その一年を振り返り、
無事に過ごせたことに感謝しつつ、
心の準備を整えていく過程もまた、
とても清々しく心豊かになる時間です。

 

冬こそ空気は澄んで、
太陽が低く近くに感じるものだから、
自然と人の力の恵みの藁と向き合いその恩恵に感謝し、
より贅沢で豊かな時間でした。

ときは平成を終えようとしていて、
メディアではしきりに
「平成最後の〇〇」みたいな文句も多く、
へぇ〜、、、と思いつつも、
平成に入り勢いを増した技術革新のニュースには、
ありがたいような、でも少し怖いような、、、。

私には難しくて分かりませんが、
人工知能(AI)とやらは、人間の持っている
能力以上のことをしてしまうのではないか
という危惧も時々目に耳にします。

人手不足や被災地救援など助かることは
間違いありませんので、その技術発展には
大いに期待したいところですが。

どんなに技術が進歩しても、五感を使って感動したりして
心豊かに感じることは、人間にしかできないことです。

たくさんのお住いのお手伝いをさせていただいている中で、
人間らしい感覚を持てる家づくりは一番根幹にあります。

小さなお子さんがいらっしゃれば、
家は大切なその感覚を育める場所ですし。

これからの時代がどう変化しても、
どんなに技術が進歩しても。
家は自分を取り巻く最初の環境です。

それが、心豊かに感じられる環境(家)に
なればいいなと思っています。

2018年、
そんなことを思いながら携わらせていただいた
たくさんのお住まい。

太陽の恩恵を求めて
暮らしから心豊かに感じられそうな場所をいくつか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北東向き、視線の抜ける方へ大きな窓を
春には遠く桜の木々たちも望め、
季節の移ろいを感じられます。

北側に遠く見える木々たちは、
太陽の光で神々しくあります。

忙しい朝、キッチンに立つ時間が
ゆったり感じられそうですね。

20190107andtujidou

陽の影の移ろいを眺められる珪藻土の壁。
時の流れを光の影で感じられる。
絵を飾るよりも贅沢な壁。
南向き、吹抜けだからこその効果です。

20190107andtigasaki

西向きの眺めのいいベンチ。
あぐらもかけるほどの広さのあるベンチでは、
お子さんの遊び場になり、
山の稜線ものぞめるこの場所は、
大人には、西の山々に沈みゆく太陽を見守りながら
ゆったりまどろみ場に。

20190107andnurumizu

土間に薪ストーブ。
太陽の陽が落ちると、「陽」ならぬ「火」。

古く暮らしに根付いていた本物の炎だからこそ、
じんわりと安らぎだったり、
寛ぎだったり感じられるのですかね。

薪ストーブにあたりながら、好きな音楽を聴いたり、
本を読んだり。なんとも豊かな時間が過ごせそうです。

まだまだそんな思いで作らせていただいた
暮らしの居場所はたくさんありますが、
また折を見てご紹介させてください。

20190107andhinoiri

2018年、山の稜線に沈みゆく最後の太陽に、
お世話になった皆様に感謝しつつ、
皆様の暮らしが心豊かなものになりますように、
2019年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、今年も正月飾りと一緒に
亥(イノシシ)つくりました。
難しかったーーー

マグロではありません(笑)

安藤

コーディネーターブログ

2018/11/12

こんにちは。
気がつけば、暦の上では立冬も過ぎ、
冬が始まっているのですね。
紅葉も最後の見頃を迎えている頃でしょうか。

今年は、この夏の荒天の影響で、
草木の紅葉にも影響があるようですね。

海近くに住む我が家の落葉樹たちも
塩害により葉がくたびれた感じで
なんだかかわいそうに見えてきます。

草木が気候や環境を正直に受け取るのと同じように、
人間の体も周りの環境に正直ですから、やっぱり
身の回りの環境を整えることは大事なのだと感じます。

今年もリフレッシュ休暇を利用して秋旅をしてきました。

山の方では美しい紅葉を期待して、裏磐梯へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

五色沼。
すこーしだけ、色づき始めていました。

山歩きをし、深く呼吸をして、
たくさんエネルギーをいただき、
心身共にリフレッシュしてきました。

ですが、ある種職業病、、、。

この秋旅の最大の目的は、居心地の良い建築を体感しに、
時折建築誌で拝見していた憧れの「hotelli aalto/ホテリアアルト」へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元々は企業の保養所だった建物を建築家の益子義弘氏が
改修を手がけた宿泊施設。

紹介されている建築誌では、
「自分の家に帰ってきたような安らぐ居心地の良いホテル」
と称されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏庭より。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敷地内には沼があります。
散策途中にこんな素敵な場所も。

そして施設内は、随所に木のもので
細やかな配慮がされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラウンジの波打つ天井には、地元の杉の木が
ふんだんに使われています。

照明器具が直接見えないような配慮もされていて、
木に包まれるような安らぎを感じさせます。

ちなみに、施設名のaaltoとは、
フィンランド語で「波」を意味します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは食堂。
森の中にいるようで心地良すぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぶつかりやすい曲がり角には、木をあててあったり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段の手すりは
添えやすい高さとデザインが秀逸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無機質なルームエアコンも
こうするだけで存在が有機的に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

客室のドアは無垢の木でやさしく出迎えてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上り口の段差にも木のやわらかな手摺、
そしてベンチ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枕元も無垢の板張りで、安眠効果。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車椅子で通るときも安心な足元の木の無垢板。

住宅のような細やかな設計に、
どこをみても勉強になることばかり。

設計された益子さんの書籍はたくさん拝読しています。
私にとってはレベルの高い言葉も多いのですが、
言葉の1つ1つがとても優しさにあふれていて、
つくり手として、学ぶべきことがたくさんあります。

その中でも大好きな本が
子供のために書かれたこちら。

20181112andmasukobook

ぜひ、読んでいただきたい本です。

そして、このホテルの設計が掲載されている建築誌で、
拝見したのは益子さんのこんな言葉です。

建築は覚えていなくてもいい。
なんか気持ちよかったねと、
過ごした記憶を持ち帰ってくれれば


この秋旅での滞在は、
小さな気遣い=木使い(上手いこと言ってしまいました笑)

が、居心地のよい優しい設計になるのだと
見て感じることができました。

私たちは決して派手なデザインを
するわけではありませんが、
こうした小さな木使いが、
毎日住み手の手に触れ、
目に見えない居心地のよさをつくり、

「なんかいいね」

と思ってもらえるよう努力していきたいです。

ありがたいことに
私たちの作り手の職人さんたちは、
それをひょいっと叶えてくれる匠が
たくさん揃っています。

こんな設計の思いを形にしてくださることに
日々感謝です。

完成したおうちのそんな木使いをいくつか、、、。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

握る部分をやさしく面を取った階段手すりや

20181112andonosanno

あたりやすいカウンター小口のやわらかな面取り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玄関先のコートクロークでは、金物ではなく
無垢の木だけでハンガーパイプをつくりました。

木ってつくづく
良いですね。

安藤

コーディネーターブログ

2018/09/24

こんにちは。暑さ寒さも彼岸まで。
ようやくあの酷暑から解放されたかと思ったら、
今度は秋の長雨ですね。

束の間の秋の空のもと、
葉山の神奈川県立近代美術館へ行ってきました。

20180923andaalto1

フィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルトの
個展が開かれています。

自然を尊重し共存するアアルトの建築や家具、
器など、今でも人気ですね。

特別展示室のみ撮影可能でした。

20180923andaalto2

20180923andaalto3

20180923andaalto4

アアルトの生み出した曲げ木のやわらかな椅子やスツール。

配光を計算尽くされたやわらかな照明の数々(写真にはありませんが)。

建築だけではなく、こうした暮らしに欠かせないものたちまで、
有機的で使い心地を考え抜かれたデザインは心に響きます。
機会があれば足を運んでみてください。

 

さてさて、夏の間、お越しいただきましたお客様には
ご迷惑をおかけいたしましたが、
私共のショールームのリニューアル工事が終わりました。

ショールームと言ってもキッチンや浴室など
商材の展示があるわけではありません。

2つのゆったりしたテーブルと、
お子様が遊んでいただけるキッズスペースのある
打ち合わせルームという設定は変わっていません、、、。

最初につくってから10年以上経ち、
はじめて大掛かりなリニューアル工事です。

コンクリート造で、
西向きの全面ガラス張りの私たちのショールームは、
どんなに珪藻土や無垢材を使っても、
夏は暑く冬は寒く乾燥するという状況でした。

居心地の良さを提案する私共にとって、
短い時間でもお越しいただくお客様に
不快な環境下で過ごしていただくのも申し訳なく、
温熱環境改善が最大の目的。

意匠的にもさらに居心地よくお過ごしいただけるように
なっているかと思います。
開口部には内窓(インナーサッシ)を設け、
光をやわらかくしてくれる障子を。

お子様も安心してください。
キッズスペースの前は板戸になるよう設計しています。

さらに珪藻土の壁面を増やしたり、
コンクリートむき出しだった天井は断熱材を入れ、
栂の無垢板を張ったり、やさしく包まれるような
空間に感じていただければと思っています。

実は10年以上経った無垢の床や家具などは、
傷や陽焼けの具合がちょうどよく味わい深くなっていて、
よりそのやわらかな良さをお客様にお伝えできる
状態でしたので、当初のまま活かしています。

スタッフみんなでアイデアを出し合い、
良い部分は残し、不便な部分をちょっと手入れし、
以前よりもお過ごししやすい環境ができたかなと
思っております。

20180923andsugi
杉の無垢板のテーブル席。
照明は芦屋にあるflameさんの「baba glass」を色違いで3灯。
椅子は北欧のヴィンテージ品でお迎えします。

20180923andtamo
タモの無垢板のテーブル席。
照明は北欧ルイスポールセンの「モザーペンダント」
をサイズ違いで2灯。
椅子は(確か)北欧J.L.モラー社の籐の座面を
張り替えたものでお迎えします。

20180923andkids
キッズスペースではflameさんのペンダントライト
「マドレーヌ」やキッズ用の椅子とナラのテーブルで。

20180923andchihiro
エントランスに新しく設けた小さな椅子。
ちひろ椅子といいます。
建築家であり家具デザインも手掛ける中村好文さんの作品で
「ことりのくるひ」という、いわさきちひろさんの絵本に
出てくる椅子がモチーフになっているこの椅子。
憧れていましたーーー。

ちょうど、靴を脱いでいただく私たちのショールームでは、
お帰りの際靴を履くときに、皆様にちょこっと腰掛けて
いただければとご用意させていただきました。

建築も家具や照明も、居心地の良い
空間となっていると思いますので、
ぜひご相談にいらしてください。(※予約制ですが!)

安藤

 

1 2 3 11

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)