優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ コーディネーターブログ
コーディネーターブログ

2017/08/07

こんにちは。
コーディネーターの上田です。

今日は設計の平野さんも先日ブログでご紹介
させて頂いたリフォーム物件について、
わたしからは内装を中心に
ご紹介させて頂きたいと思います。

まずは玄関を入って正面。

2017.08.07ue1

和室と廊下を挟んで斜め奥にあったキッチンを
壁を取り払いひとつの空間につなげたS様邸。

間取り変更に伴い、玄関からLDKへ入って
すぐのこの写真のエリアには、
今まで壁の中に隠れていた既存の柱が3本、
集中して出ています。

2017.08.07ue2

柱の存在感が出すぎない様、
一番右の黒く塗装したカウンターの柱以外は
周囲になじむ仕上げに。

お手持ちの家具や北欧テイストの
雑貨の雰囲気に合わせ、
グレー×ブラックをテーマカラーに、
入口の正面となるカウンターの下は、
グレーのタイルで仕上げました。

2017.08.07ue3

造作の洗面台も同じくグレーのタイルで。
2017.08.07ue4

トイレもグレーのアクセントクロス。

と、、、こちらはもうひとつ、こっそりとしたご提案が。

六角形柄の床材は、
実は洗面台のタイルとこっそりリンクしてます!

S様邸には実はこっそりご提案がもう一箇所。

一枚目の写真にも写っていた、
ホールの収納の右にある木のニッチ収納。

2017.08.07ue5

こちらは、格子横の壁に飾るご予定の
お手持ちファブリックパネルと同じ形なっています。

2017.08.07ue6
お住まいになられ、パネルを飾られた
ご様子を是非拝見させてください!
楽しみにしております。

終始、楽しく打ち合わせをさせて頂き
ありがとうございます。

住まいを拝見させて頂き、
奥様からは収納のコツも学ばさせて頂きました。

S様、今後ともよろしくお願い致します。

上田

コーディネーターブログ

2017/07/31

こんにちは。暦ではいよいよ大暑。
一年で最も蒸し暑い日が続く最も不快な頃ですね。

この頃に降る一雨に恵みの雨と感謝したいところですが、
今年もあちらこちらで豪雨の影響による被害を聞くと、
素直に一雨に感謝することも憚られます。

なんとか穏やかな天になってくれることを祈るばかりです。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

住宅を考えるうえで、こういった暑さ寒さを
和らげる効果を検討することも大事です。

住宅設備の性能を上げることにより、
そういった問題にも対応できるよう
技術は日々進化しています。

その大きな要素の一つが、「窓」です。

窓、いわゆる日本のサッシと言われるものは
従来のアルミ製から、結露のしづらい樹脂へ変わりつつあり、
ガラスはシングルガラスからペアガラスへ、
また金属膜をガラスに組み込むことにより、
遮熱や断熱に配慮したものが一般的となりつつあります。

環境配慮型設計の取り組みの中でも
窓については配慮した設計を心がけています。

それは暑い季節には風を運んでくれるものであったり、
寒い季節には陽を取り込んでくるものであったり。

その窓一つ一つにしっかりと役割を考え、
効果を発揮してくれるものであってほしいと思います。

そして窓はまた外観の意匠に大きく影響します。

さらに室内からは、外とつながる唯一の
場所としての役割もあります。

そんな窓の好きなコマーシャルがあります。

以前、YKKさんのTVコマーシャルを
ご覧になられたことはありますでしょうか?

猫ちゃんが出てくるコマーシャルで、
窓の中の世界を映画のようにストーリー性を
持たせた微笑ましいものでした。

YKKapより
似たもの同士篇
お留守番篇

そしてキャッチコピーが
「窓がある、物語が生まれる」
というもの。

そうか、窓にも物語があるのか、、、

なぜ、そこに窓はあるのか、、、

その意味を温熱環境に配慮した
根拠に基づきながら検討するとともに、
この窓の向こうにどんな微笑ましい物語があるのか、
ワクワクしながら検討します。

先日お引渡しさせていただいた鎌倉市のT様でも、
リフォームでありながらも窓1つ1つに意味ある空間になりました。

20170730and1

お父様が自作されたという既存のウッドデッキを活かしながら、
その先の紫陽花が美しく室内の視界に飛び込んできます。

窓装飾には上下に可動する和紙調のプリーツスクリーンを。

上方からの視界や陽射しを遮りながら、下方の視界を広げ、
陽射しも穏やかに室内へ運んでくれます。

20170730and2

キッチンに立った時、ダイニング側に目をやると
先ほどの窓が目に入ります。

直射を避けたキッチンの位置でも、
ふと目線の先に陽射しや外の緑が感じられることも
日々の喜びになることと思います。

20170730and3

リビングのとなりには瞑想部屋となる和室。

通常の2Mほどの高さだった間仕切りの建具を取り払い、
天井の高さまである格子の建具を設けました。

トーメイガラスにしたことで和室まで視界がつながり、
より拡がりを感じられるようになりました。

20170730and4

格子戸の先の壁には腰高の窓がありました。
思い切って地窓とし、上方を壁面とすることで、
格子越しの風景にも背景ができます。

地窓には一本引きの障子を開けると、
窓一面が見えてきます。

その先は玄関へのアプローチですので、
ゆくゆく背の低い植物を植え、低い視線で
外との繋がりをもたせたりしていただく予定です。

実はちょうど完成でお伺いさせていただいた時、
この障子越しに木の影が映り込み、
影絵のように美しい設えとなりました。
写真を撮り逃して残念!

別の事例ですが、ちょうどこんな風に。

20170730and5

障子の趣はそういったところもまた味わい深いのです。
20170730and6
東側に面するダイニングの出窓は遮熱ガラスの窓に
入れ替えさせていただきました。

隣家はなく空が開放的に見える窓であり、
目隠しになる程度の生け垣がありましたので、
その眺めをそのまま活かさせていただきました。

窓装飾にはガラス面に添って
光のコントロールのできるブラインドを。

また夏場の塞ぎきれない陽射し対策として、
こちらも和紙のプリーツスクリーンを設けさせて
いただきました。

花の映える窓になりました。

20170730and7

T様では玄関部分を大きく間取り変更しています。

閉鎖されていた間仕切りの壁を取り払い、リビングに向け、
また和室に向け、格子の戸でつなげています。

和らかな光が玄関までも届き、間仕切り方を工夫することで、
隣接するお部屋の窓からの光や風を取り込むことができ、
それぞれの空間がとても生かされてきます。

↓別のお宅ですが、こちらは階段を降りる時、
朝の気持ちいい光やお隣の庭の緑を感じながら
心地よく階下へ向かえるよう考えた窓です。

20170730and8

外観では正面になるので、クロスを描くような
デザインになってシンボリックな存在になっています。
窓がある、、、
完成してその考えた意味が実感できると喜びも一入です。

20170730and9

根津美術館のロビー。

階段を降りる時、全面に窓があり、
まるで外の階段を歩いているような
外との一体感のある窓。

住宅では不向きですが、
やっぱり気持ちがいいですね。

20170730and10 20170730and11

そして私は何より、
夜帰宅した時の我が家の灯りが
漏れる窓がほっとします。

コマーシャルでは猫ちゃんでしたが、
我が家では愛犬きなこが
まだかまだかと待ちわびてくれています。

窓の向こうに、皆様の笑顔があふれる
暮らしの物語がありますように。

安藤

 

 

 

 

コーディネーターブログ

2017/07/24

こんにちは、花輪です。
はや大暑を迎え、
暑さもいっそう厳しくなってまいりました。
夜空に響く花火の音に、
ふと懐かしく童心に返ったりしております。

先日、初めて高尾山に行って来ました。

入口
2017.07.23入口

普段、山に行くことがないので、
どんな所なのか楽しみでした。

天気に恵まれ、
だんだんと気温が上がり、
じわじわと汗をかいてきました。

ケーブルカー
2017.07.23ケーブルカー

途中まではケーブルカーで行くことに。
かなり傾斜がありましだか、
景色がとても綺麗でした。

男坂
2017.07.23男坂

高尾山で名所の男坂、女坂。
まだまだ元気だったため迷わず男坂へ。
男坂は全部で108段。

この108という数字は、人間の煩悩の数です。
煩悩を踏みしめながら登りました。

そして登り進め、山頂に到着!

高尾山頂
2017.07.23高尾山頂

景色
2017.07.23景色

ケーブルカーで途中まで来たためか、
あっという間に着いた気がします。

平日だったので人が少ない印象でしたが、
山頂にはたくさんの人がいました。

もちろん晴れていたため景色も良かったです。

久しぶりに自然を身近に感じられ、
とても良い気分転換になりました。

夏休みまで、あと一息な方も
多いのではないでしょうか。
頑張って行きましょう!

花輪

1 2 3 33

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)