優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ コーディネーターブログ
コーディネーターブログ

2018/08/20

こんにちは。事務の中村です。
今年の夏の異常な暑さ、身体に応えます。
年々暑さが酷くなっていて温暖化が
叫ばれているところですが、
プチ氷河期がやってくるとも言われていて、
この暑さが懐かしく感じる未来になるかもしれません。
どちらがいいのか、、、
どちらにしろ、私たちの人体への影響もさることながら、
農作物にも影響がでるのは確実です。
日頃から慣れ親しんだ食べ物が手に入らなくなる
こともでてくるかもしれません。

我が家の畑も今年は不作なものが多く、
キャベツは暑さで溶けて腐りますし、
プチトマトも例年より生りが悪く、
スイカは小さいものしかできませんでした。

そんな我が家の畑。
母がこの暑さと畑の周りにも家が建ち、
環境が変われば、やり難いこともでてきて、
もう手放すことにしました。
今年限りでみずみずしい野菜たちとお別れです。

2018.8.19畑 2018.8.19畑1

いつの間にか、自由にのびのび暮らせた
環境がなくなっていました。
畑や原っぱは、あれば草や虫も来て大変ですが、
いざ、なくなると思うと寂しい感じがします。
贅沢な環境が身近にあったことに感謝です。

そんなことで優カフェメニューで好評でした
紫蘇ソーダも今年が最後となりそうです。

そんな寂しいお知らせのあとですが、
お盆休み皆さんいかがお過ごしでしたか。
我が家は親戚が集まってくるので、
待ちの体制が多い日になります。
なので、お盆休みの前にでかけたお話を。

恒例の夏のおでかけは!
またか、と思われること覚悟で神宮球場~。

2018.8.19神宮球場1 2018.8.19神宮球場2

はい、我が中日ドラゴンズの巨匠も来訪されてます。

2018.8.19柵グリ4 2018.8.19柵グリ5

暑さが厳しいなか、人がすごい。
なんとか隙間からやっとみれました。

神宮球場の素敵なところは、
選手がものすごく近くでみれるところ。
わくわくします。

カフェもご紹介です。

2018.8.19スタジアムカフェ

球場前のビルの中、試合前に涼みに行ける
素敵カフェがあります。スタジアムカフェ。
お先に腹ごしらえの美味しいハンバーガーなどが
サクッといただけます。

そして、横浜スタジアム。

2018.8.19横浜スタジアム

この球場の素敵なところは、横浜らしい夜景。

2018.8.19横浜スタジアム1

2018.8.19ハマスタ夜景

ビール片手に黄昏時を楽しむのもいい時間ですよ。
横浜が勝利のときは花火が上がりまーす。
夏ですねって感じを満喫できます。

2018.8.19ハマスタ花火1

2018.8.19ハマスタ花火2

別日。
あの美女ミランダカーも来た!という、
美容液のような温泉があるとのことで、
下田の観音温泉へ。

2018.8.19観音温泉

本当にすごいとろとろなお湯でした。
湯上りはサラサラといいお湯でした。
またぜひ行きたいと思う温泉でした。
ただ、すんごーい山の中でございます。

行きにも見かけた滝の看板、
こんなところに滝?と帰り道、寄ってみました。
よく行く伊豆にまだ知らない滝がありました。
大滝。
以外におっきな滝でした。

大滝

浄蓮の滝や河津七滝は有名ですが、
落差は浄蓮の滝よりはるかにあります。
通りすがりに看板があって初めて知りました。

涼を求めて、浄蓮の滝や河津七滝のカニ滝にも
立ち寄ってみました。やはり涼しい。

浄蓮の滝
浄蓮の滝

カニ滝
河津七滝 かに滝

カニ滝は遊泳可能で、こんな綺麗な水のなか
泳ぐ人が羨ましくなりました。
かなり冷たいお水のようで、お湯が用意されていました。

また涼を求めて、旧天城トンネルも歩いてみました。

旧天城トンネル2

天城トンネルなか

涼しい、とても涼しいけど、
如何にもデソウな雰囲気。
一人じゃ怖くて歩けません。

後ろから歩いて来る方がいて何となく振り向いたとき
三人いたのに、歩いてくるのは二人に、、、え~?
と思っていたら、戻ったら車で待ってた方がいました。
ほんこわ話が増えたと思ったら違いました。(笑)

最後に季刊誌yukobo letter夏号のプレゼント抽選。
今回の幸運の女神、じゃなくて何、幸運の王子⁇
ラッキーボーイでいいかな、、、は友坂さんです。

2018.8.19プレゼント1 2018.8.19プレゼント2

2018.8.19プレゼント3 2018.8.19プレゼント4

はずれてしまった方、すみません!!
でもどこの抽選より確立はいいと思いますので
懲りずに頑張って次回も応募してください。
①~④のご応募条件は必須です。
ご応募の際はご注意ください。

秋号もナチュラルな何かしらをご用意しています。
またのご応募お待ちしております。

事務所のエントランスに夏の花を最後に載せて。

2018.8.19玄関花1

また次回~。

中村

コーディネーターブログ

2018/08/06

こんにちは。コーディネーターの上田です。
若干涼しくなったかなという日々も束の間。
明日はもう立秋ですが、
厳しい暑さが まだまだ続きそうですね。

そんな中、エアコンが苦手なわたしは
未だに毎晩、扇風機のみでなんとか頑張っています。

そんな寝苦しい夜のお供がこちら。

麻のシーツと枕カバー。
体感温度がだいぶ違いますよ~!

湿度が高くてもべたつかず、
さっらっとしていて気持ちがよい。
洗濯をしても直ぐに乾くところも有難い。。
また、洗濯を重ねても毛玉ができず、
むしろ柔らかく風合いが増していく麻。

と、夏の素材というイメージがある麻ですが、
実は寒い季節には保温効果も発揮してくれます。
繊維の内部に空洞があり空気を多く含んでいるからだそう。

桧に代表される針葉樹系のフローリング材と同じですね!!

麻好きが転じて!?、
業務の中でも麻素材を良くご提案させて頂いています。

btr

麻のカーテンです。

ミラー加工や形状安定、といった
高スペックな機能はありませんが、
使えば使うほど味わいが増す、
天然素材の風合いと変化を
楽しむことができます。

そして、落ち着いたざっくりとした質感は
わたしたちが普段ご提案している
珪藻土や無垢のフローリングに自然に馴染みます。

カーテンを計画の際には、
ご提案させて頂きますので、
よろしくお願い致します。

さて、夏も折り返し地点、

残暑もリネンシャツを着て乗り切りたいと思います!

上田

コーディネーターブログ

2018/07/30

こんにちは。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
これだけ陽射しが強いと目にも刺激が強いですね。
そんな時身近に緑があると目も癒される気がします。
実際、緑は自律神経を整える効果もあるそうです。

それにしてもこの豪雨や猛暑。
災害レベルといわれるほどの異常気象。
季節が変わる度にどこかで大きな災害が起き、
この地球では何が起きているのかと
危機感を募らせている方も少なくないと思います。
豪雨災害や熱中症で被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

家をつくるという仕事は、
普段の暮らしに思い巡らせる仕事です。
未だに日常の暮らしが取り戻せない
被災地の方々のことを思うと居た堪れません。

私たちにできることは、
少しでも住まいとその周りの環境を
整えていくということ。

そのために日々精進したいと思います。

20180729andjitinnsai

先日、厚木市内で新築住宅の地鎮祭に
参加させていただきました。

その日はお施主様に申し訳ないくらいの猛烈な暑さ。

ただ、その土地は、厚木でも私共の会社のある
付近とは違い、緑豊かな環境。

その猛暑日に感じたのは、吹く風の気持ち良さでした。

市街地とは体感的にも2,3度違うのでは?とのお話。
これぞ、緑の力の微気象効果というものです。
地鎮祭は無事行われました。

家族みなさんで参加していただき、
みなさんの暮らしを思うと、
あらためて気が引き締まる思いです。

工事の無事と、この土地での家族の平穏で
幸せな暮らしをお祈りさせていただきました。

地鎮祭の時、いつも心に思い出す言葉があります。

以前、建築家の故永田昌民さんの「住宅設計作法」
という本で見かけたお言葉です。
(永田さんは、日本のモダニズム建築の巨匠
吉村順三さんの元で学ばれた建築家で、
2013年に亡くなられていますが、
今もなお、私共住宅をつくるものに尊敬され、
影響を与えています。)

ーーーーーーーーーーー
2ー庭より下記抜粋

建設の初めの儀式の地鎮祭では、土地に語りかける。
自然に手を加え、そこに住むことをお許しくださいとお願いする。
建築はある意味では自然破壊している行為だと言える。
それでいながら身勝手に、自然からのよりよい享受を考える。
光、風、水、土や緑、うまく折り合いを付けることが
快適さにかかわってくる。
雨が降る、風が吹く、照る陰るを感じる。
こういうことが生活に欠かせない栄養素のように思う。
家にはこの恩恵を受ける場が必要だ。
室内から続く外部の、ある広さがとれる場を庭と呼ぶことにしよう。
この庭が自然と接する主たる所だ。
どんなに小さなスペースでも、そこにはできる限り
大きな木を1本植えたいと思う。
それもできるだけ落葉樹がいい、
春夏秋冬時の流れと共にうつろい、
風にそよぎ光を踊らせる。
露を宿し、夏の陽射しを遮る。
花や実は虫や小鳥を呼び、
落葉は人に労働を強いて自然と共に生きることを思い出させる。
楽しみは楽でないのだ。それがまたいい。
飛び飛びに植えた下草が1,2年でびっしりこんもり繁ってくると、
共に家まで根をおろしたように見えてくる。

ーーーーーーーーーーーーー

地鎮祭に参加させていただくたびに、
私たちの暮らしは、
地球の土地をちょっと間借りしているだけで、
自然に対して謙虚でいなければならないのだなあと、
自然と上手に付き合っていく方法を
住まいを考える私たちにできることをしていきたいと、
思い出させていただくのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数年前にリフォーム工事をしたおうちで植栽した木々たち。
周りに公園はあるものの住宅が立ち並ぶ地域。
ほんの少しでも、日々の暮らしの中で、
自然と接する場所となり、地球の土地を間借りしている
感謝の気持ちの表現のように感じます。

縁あってその土地に暮らし、根を下ろし、
どうかその日常が平穏でありますように。

安藤

1 2 3 49

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)