優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ コーディネーターブログ
コーディネーターブログ

2018/02/19

こんにちは。花輪です。
気づけばもう2月の後半に入りました。
まだまだ寒さは続き、まだまだ乾燥もひどいですね。
そんな乾燥がひどい時期には、加湿もしてくれ、
香りも楽しめるアロマディフューザーが
一役かってくれます!

2018.2.19アロマディフューザーhanawa38

我が家でもアロマディフューザーを使っておりますが、
置く場所には困ってしまいます。
高い場所がいいのか?それとも低い場所がいいのか?
ネットでも書いてあることは様々です。
しかし、床に直置きすると床が湿って
カビの原因にもなってしまうそうです。

なので床に直置きはなるべく避けて、床までの距離が
遠くなる所に置くことをオススメします。

ということで、
今回はアロマディフューザーの置き場所にも
良い造作家具や造作カウンターなどを
紹介させていただきたいと思います。

2018.2.19海老名 S様邸hanawa38

208.2.19 葉山M様邸

まずは造作玄関収納。
外出する時、お出掛けや仕事から帰ってきた時に、
素敵な木のあたたかみの感じる玄関収納と共に
香りが感じられそうです。

葉山 S様邸hanawa38

2018.2.19 2葉山 S様邸hanawa38

続いて書斎コーナーとデスクカウンター。
ちょうど良い高さのデスクの横や隅に置くことで、
良い香りに包まれながらデスクワークに
打ち込めるのではないでしょうか。

2018.2.19 2川崎 H様邸hanawa38

2018.2.19横浜 H様邸hanawa38

2018.2.19 川崎 H様邸hanawa38

次にTVボード。
TVを見ながら香りに包まれる素敵な空間になりそうです。

2018.2.19稲城 S様邸hanawa38

2018.2.19鎌倉hanawa38

そして、リビングスペースに。
癒される香りに包まれ、リラックスして過ごせるのでは?
ついお昼寝し過ぎちゃうかもしれませんね。

ここで忘れてはいけないのが、
アロマディフューザーは電気で動いていますので
コンセントが必要だということです。

なので、
アロマディフューザーに関わらず
他にもいろいろな物などが置けるよう、
どんな物を置きたいのかをよく考え、
コンセントの位置も計画することが大切になります。

素敵な造作家具と共にプラス良い香りで、
乾燥してるこんな時期もいろいろな楽しみ方で
より快適に過ごせていけたらいいですね。
それではまた!

花輪

コーディネーターブログ

2018/02/12

こんにちは。松下です。
この冬は記録的な大寒波到来ということで、
本当に寒い日が続いていますね。
私のこの冬はマスクと加湿器が欠かせない
アイテムになっています。

今回は、コーディネーターとして担当させていただいた
厚木市のS様邸をご紹介したいと思います。

築14年のまだまだ新しいお宅なのですが、
ご家族の生活形態の変化に伴いまして
全面的なリフォームをされました。

1番大きく変わった場所はLDKです。
もともと2階にあったLDKを1階にお引越しして、
上部に吹抜けを計画しています。

リフォーム前はこのような洋室でしたが、

2018.02.11MK 写真1 ビフォアー

1階の天井と2階の床を解体するとこのようになり、

2018.02.11MK 写真2 解体

そして梁を補強して、

2018.02.11MK 写真3 補強

表面を綺麗に整えて、吹抜けが完成しました。

2018.02.11MK 写真4 アフター

以前のご自宅は1階が暗くてお悩みだったため、
2階からの日差しを取り込めるよう
設計士の蓮実と関嵜がこのような吹抜けを計画しました。

そしてこの吹抜けには

優建築工房ではお馴染みのキャットウォークを計画しています。

2018.02.11MK 写真5 キャットウォーク

最初はこの隙間に少し緊張されるかと思いますが、
日差しや風が抜けて、とても気持ちよく過ごしやすい
空間になっています。

そしてこの吹抜けにはもう1つ仕掛けがあります。

雨の日に洗濯物が掛けられるように
造作の物干しを設置しています。

2018.02.11MK 写真6 造作物干し

計画の段階では、
奥様やご家族が無理なく洗濯物を掛けられるように、
そして、上部のシーリングファンが回っていても危なくないように、
それぞれの高さや奥行を考えました。

今回のリフォームでは、
奥様の収納へのお悩みをお伺いしていたので、
家中のお荷物を見せていただいて、
それぞれの場所に何を収納するかをプランさせて
いただきました。

もともとスペースにゆとりのあるお宅なので、
パントリーもこのようにたくさん収納できるよう
可動棚を設置しました。

2018.02.11MK 写真7 パントリー

たくさん収納することができて、
とても羨ましい限りです。

リフォームは完成しましたが、
お住まいになってからが本番ですので、
これから実際にお使いになった感想を
いろいろとお伺いしたいなと思っています。

松下

コーディネーターブログ

2018/02/05

こんにちは。一ノ瀬です。
降りましたね!雪。二週連続です。
雪国出身の私ですが、
やはり積もるほどの雪はテンションが上がります。

しかし交通渋滞や駅での帰宅難民のニュースをみると、
普段雪のあまり降らない地域での積雪は
大変なことのほうが多いのかもしれません。。

よく「不要不急の外出は控えてください」という
言葉を聞きますが、仕事などがあると
なかなかそうはいきませんよね。

そもそも〝不要不急〝の定義とは。
調べてみると、、
「重要ではなく、急ぎでもないこと。」

できれば雪の日は暖かいお家で過ごしたいですね!

そこで今回は雪の日にお家に籠って
楽しめそうな事例のご紹介。

趣味の音楽を楽しむお部屋。
茅ヶ崎H様邸

窓の外で積もっていく雪を見る優越感。
秦野Y様邸

雪見障子の出番です。
外を眺める用。
調布市I様邸

サーフィンにいけない方は籠って
ネットサーフィンも良いですね。
葉山S様邸

究極の籠りスペース。
囲まれていると落ち着きます。
書き物も捗りそうです。
磯子区O様邸

お気に入りの本を持ってあがり、
小さな窓から外を眺めながらごろごろ。
川崎H様邸

うとうとしてしまい読書は捗らないかもしれません。。
編み物をしながらペットとゆっくりと過ごす時間。
逗子S様邸

雪の日でなくても籠りたいお部屋。
そんな計画もわくわくしますね。
それでは!

一ノ瀬

1 2 3 41

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)