優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

現場監督ブログ

2018/12/10

こんにちは。
工事部の平です。
先週は、温かいと思ったら急に寒くなる日もあり、
日によっての気温差が大きかったですね。
体調を崩さないように気を付けていきましょう。

また、もうすぐクリスマスですね。
様々なお宅でイルミネーションを飾っていて
綺麗な時期になりました。
娘もキラキラしているイルミネーションをみて、
喜んでいます。

さて今回は、担当しているリフォーム現場の
フローリング延長について、お伝えしたいと思います。

こちらの建物は、木造ツーバイフォー工法の2階建てで、
既存の床は無垢のフローリングを使用しています。

工事内容は、
1期工事でキッチンを対面式に変更、
2期工事でリビング・サニタリーの内装替え、
ユニットバスの交換などを行っていきます。

その中で、玄関のフローリングの延長は、
1期・2期に渡って行う工事です。

計画では、元々のフローリングはそのままに、
延長をする部分のフローリングは、
キッチンの下に隠れてしまう部分から剥がして
再利用する予定です。

2018.12.8yuka1

既存のフローリングが使えれば、
質感や色合いが全く同じものとなり、
床を延長しても違和感なく仕上がります。

似たような物を探して施工することも可能ですが、
全く同じにはなりません。

ただ、既存のフローリングの再利用は、
実は好条件が重ならないとできない工事です。

フローリングと下地に接着剤が付いていないことや、
剥がすときの力に負けて割れてしまわないことなどが
必要なのですが、今回はこの好条件が重なり、
無事に再利用することができました。

2018.12.8yuka2

まず、1期のキッチン工事の際に、キッチン下に
隠れる範囲のフローリングを剥がします。

2018.12.8yuka3

フローリングには、〝サネ″と呼ばれる
フローリング同士をかみ合わせる部位がある為、
1枚ずつ外していく方法を取りました。

フローリングを剥がした部分は、
同じ厚みのベニアを敷き、高さを合わせ、
キッチンが設置できるようにします。

2018.12.8yuka4

キッチンが設置され、フローリングを
剥がした部分は見えません。

2018.12.8yuka5

これで、1期のキッチン工事は完了です。
つづいて2期工事で、
そのフローリングを使って玄関の床の延長を行います。

床を延長する為に、
まず、既存の玄関の框・付框を取り外します。

2018.12.8yuka6

2018.12.8yuka7

框を取り外した所にフローリングを張る下地を組み、
オークの框・付框を取り付けます。
今回は既存の玄関タイルも再利用する為、
新しく取り付ける框・付框も
ピッタリの寸法の物を用意しました。

框(オーク)
2018.12.8yuka8

框と付框・既存のタイルとの取り合いも、
隙間なく納められました。

2018.12.8yuka9

下準備が終わり、
いよいよ、フローリングを張っていきます。
1期工事で取り外したフローリングを11枚見て、
木目や破損がないものを選んで取付けます。

そして、完成した玄関フローリングの写真です。

2018.12.8yuka10

既存のフローリングを再利用した為、
どこから延長したのかもわからない仕上がりに
できました。

新規で取り付けた框も、
塗装工事で色を付けていくと予定です。
全体がより違和感がなく
仕上がるのではないかと思っています。

今後も、このようなリフォームならではの、
難しく、やりがいのある工事を行っていき、
お客様によりよい監督を目指して、
頑張っていこうと改めて感じました。

現場監督ブログ

2018/10/29

こんにちは。工事部の平です。
気温が下がり、肌寒い日が増えて来ましたね。
温かい格好をして、風邪をひかないように
注意しようと思います。

また我が家では、ハロウィンに向けて準備をしております。
どんな格好をさせようか悩み中です。

2018.10.27pata-n1

さて、今回は、前回のブログでご紹介した
外壁モルタルの続きをお伝えしようと思います。

まず、前回の外壁モルタルの上塗りが完了した写真です。

2018.10.27pata-n2

このモルタルを下地にして、
パターン(模様)を付けていきます。

既存の外壁のパターンがスタッコ吹付けの
ヘッドカット仕上げであった為、
その模様に合わせて新規外壁も
パターン付けをしています。

スタッコ吹付けのような吹付け工法とは、
スプレーガンという専用の道具を使用して、
様々な材料を吹付ける施工方法のことです。

その材料の違いによって、
吹付けのパターンが変わり、
代表的なパターンの種類は
スタッコ吹付けの他に2種類あります。

「リシン吹付け」
砂や砂利などの骨材を塗料に混ぜて吹き付ける

「吹付けタイル」
粘土状の粘り気のある材料を吹き付ける

今回使用するスタッコは、リシンよりも
大きい骨材を塗料に混ぜて吹付けます。

さらに今回はヘッドカット仕上げの為、
ローラーで凸部を押えていきます。

パターンを吹付け、ローラーで押えたあとの写真です。

2018.10.27pata-n3

ローラーで押えているところは平らになり、
ローラーがあたっていないところは、
骨材の質感が残っています。

その後、下塗り、中塗りを行い、

2018.10.27pata-n4

仕上げ塗りを行いました。

2018.10.27pata-n5

2018.10.27pata-n6

一階の部分の新規外壁部分のみの塗装であった為、
既存の色に合わせて塗っています。

水切りより上が既存の外壁、下が新規の外壁です。
色はサンプルを見ながら決めていますが、
現地で再度調色をして、既存の色に近づけるよう努めました。

2018.10.27pata-n7

設計担当や職人さんと相談しながら決めていき、
とても良い仕上がりになったと思います。

同じスタッコの吹付け方にしても、吹付けの厚さや、
凹凸の深さで印象が変わるので、
とても難しいことを改めて実感すると共に、
それをやり切った時の楽しさも感じました。

今後も、今回のようなリフォームならではの難しくて、
やりがいのある工事を行っていき、
お客様によりよい監督を目指して、
頑張っていこうと改めて感じました。

現場監督ブログ

2018/09/10

 

こんにちは。工事部の平です。
9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
十分に水分補給をして熱中症に注意しないといけませんね。

また先日、娘が1歳の誕生日を迎えました。
産まれてから、寝返りして、歩いて、初めてのことが沢山あり、
思い出もいっぱいできました。娘とママに感謝です。
初めての誕生日会も楽しく過ごせました。

2018.09.08 morutaru1

さて、今回は担当している建物で
外壁にモルタル塗りをする現場がありますので、
そのことについてお伝えてしようと思います。

モルタル塗り外壁とは、
一枚の大きな板を貼っていくサイディングと違い、
左官業者によって塗り込んで施工するものです。

リフォーム工事でのサッシ交換に伴い、
1階部分の既存の外壁モルタルを解体し、
塗り直す計画です。

モルタル塗りの施工の流れに沿って、
それぞれの配慮しているところを説明していきます。

①木材で下地を取り付ける
ラス板と呼ばれる木材をモルタル塗りの下地として取り付けいきます。
また当社では、サッシの下に挟み込むようにして防水紙を張っています。

2018.09.08 morutaru2

2018.09.08 morutaru3

防水紙と外壁との取り合いもシーリングを行い
防水処理します。

2018.09.08 morutaru4

②アスファルトフェルトをラス板の上に張る
さらに防水性のあるアスファルトフェルトを張っていきます。
ここでも、外壁との取り合いにシーリングを行い、防水処理を行います。

2018.09.08 morutaru5

2018.09.08 morutaru6

③ラス網を張る
ラス網という金網状のものを、タッカーと呼ばれる
大きなホチキスのようなもので止めていきます。

2018.09.08 morutaru7

ラス網は外壁の骨組みとなり、モルタルの塗り厚の確保や
剥落・ひび割れを防ぐという機能があります。

④モルタル塗り
モルタル塗りは下塗り、上塗りに分けて行います。
2回に分けて塗ることによって、十分な厚みを確保したり、
強度を増すなどの効果があります。

また当社では、下塗りの時にも
既存外壁との取り合いに防水処理を行い、
より漏水のリスクを減らす工夫をしています。

2018.09.08 morutaru8

モルタル塗りが完了すると、
塗装工事でパターン(外壁の模様)を
つけていきます。

完了した様子とパターン付けの様子は、
次回のブログでお伝えできればと思います。

1 2 3 8

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)