優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

現場監督ブログ

2019/01/14

1月も半ばになりました。
新年のご挨拶には少し遅いのですが、この場をかりてご挨拶をさせて頂くことをお許しください。
皆様、本年も宜しくお願い致します。
年を越して、寒さも本格的になってきました。
そんな中ですが、この1週間では、木造軸組み検査が1件、外装完了検査が2件ありました。
また、これは創業以来の恒例なのですが、仕事始めの日には社員一同で安全祈願に行ってきました。
今回は、その様子を、少しの雑学を交えてお伝えしたいと思います。
優建築工房では、いつも中井町の五所八幡宮にお世話になっています。
通称、五所宮(ごしょのみや)とも呼ばれ、「五所」の由来は八幡宮の勧請五番目とされるからだそうです。
入口には立派な鳥居が2基(朱塗りと石造り)連なって建っています。

2019.1.14torii
鳥居にはとてもたくさんの種類があるのですが、大きく分けると神明系と明神系の2種に大別できます。
この鳥居は明神系で、その中でも八幡鳥居と呼ばれるものです。
柱は丸柱で、転びと呼ばれる傾きがあります。
上段の笠木と島木は反りを持ち、両端の小口は斜めに落とされています。
下段の貫は水平で、両端は柱を貫いている、等々が八幡鳥居の特徴です。
中央には扁額という社名などが書かれた額があります。
こちらも立派な扁額ですね。
鳥居をくぐると、参道までの間に石段があり、神社が高台に祀られていることがわかります。

2019.1.14ishidan1

上から見るとこんな感じで、かなりの傾斜と段数があるのがわかると思います。

2019.1.14ishidan2

恥ずかしながら、この石段を上るのが年々大変になっている気がします。
石段を上り切ったところに手水所があります。

2019.1.14tyouzusyo

ここで身を清めてお参りをするわけですが、そのお清めの手順を念のため。
まず右手で柄杓を持ち左手に水をかけ、左手に持ち替えて右手に水をかけ、
また右手に持ち替えて左手に水をためて口をすすぎ、最後に両手で柄杓を待って、立てて柄に水を流します。

正面に拝殿があり、石畳の参道が真直ぐ伸びています。
ちなみに、参道の中央は神様が通るので、参拝者は端を歩きます。

2019.1.14sandou

拝殿は、入母屋平入り千鳥破風という屋根形式で、手前に狛犬と石燈篭を携えた構えとなっています。
狛犬は、神様を守る守護獣ですが、よく寺院の山門の両側にある仁王像と同じく、阿像と吽像があるのをご存知でしょうか?
左右のどちらが阿像で、どちらが吽像かは、直接見てご確認してみてくださいね。
阿像は口を開いて、吽像は口を閉じていますので。

ところで、寺社仏閣の建物を見るといつも強く感じるのですが、この拝殿を見ても、とても美しい比例とプロポーションをしていると感嘆してしまいます。
この前に建つと、自然と心が浄化されるような気持になるのは、神様の前だからだけではない気がしています。

この後、拝殿の中に入り、皆で安全祈願のお祀りに参列しました。
その様子の写真はありませんが、参列後に、これも恒例の記念写真を撮りました。

2019.1.14kinensyashin

今年も、安全に工事を進行し、お客様喜んでいただける建物を造っていこうと、強く願った仕事始めでした。

大坂

現場監督ブログ

2018/11/26

11月もあっという間に最終週です。
秋を一気に通り越して、
冬の寒さが身に染みるこの頃ですが、
皆さんはいかがお過ごしですか?

今週は、自邸の薪ストーブに火を入れるのが
楽しみな大坂が書かせていただきます。

この1週間では、解体完了検査が2件、
木工事完了検査が2件、外装完了検査が2件、
完工検査が1件ありました。

さて、私共では、
住宅の新築工事とリフォームだけではなく、
店舗の改装工事にも、実はたくさん
携わらせていただいております。

なかには、店舗の新築工事や、
店舗併用の新築住宅なども手掛けており、
ホームページにいくつか事例もありますので、
是非ご覧ください。

今回は、先日完成して新装開店した
美容室のご紹介をしたいと思います。

オーナーのT様とは、10年ほど前に
ご自宅の大規模リフォームをご依頼
いただいてからのお付き合いです。

お仕事柄もあってか、お顔がとても広いので
たくさんのお客様をご紹介いただいているのですが、
今回はご自身の店舗の移転を伴う改装工事でした。

店舗の改装工事は非常に時間の制約が厳しく、
かなり短期間に集中的にお打合せと工事を
行わなければなりません。

そんな中でもせっかく優建築工房にご依頼
いただいたお客様のお気持ちに応えるべく、
コーディネーターの安藤と取り組んだ
一部をご紹介します。

角地に建つビルの1階で、長年空き店舗だった物件です。

改装前の状況です。

2018.11.26gaikanbefore1

2018.11.26gaikanbefore2

2018.11.26moto1

2018.11.26moto2

レトロな雰囲気のRの窓が印象的な外観で、
アプローチのタイルに難があり、内部はスケルトン状態。
以前の店舗は躯体に直接クロスを貼っていたようです。

4方すべてが外部に接する条件ですので、
このままでは冬場は相当冷え込みそうです。

というわけで、
完成すると見えなくなってしまう所ですが、
躯体面には発泡ウレタンを吹付けるご提案をしました。

2018.11.26uretan

内部は、床には無垢のオーク材のフローリングを貼り、
アクセントにタイルや板張りなどが適材適所に
採用されています。

2018.11.26setmen

トイレには焼き物の手洗いボウルを備え、
ゆとりある広さと落ち着いた色調で
まとめられています。

2018.11.26toilet

レセプションカウンターの家具は、
お客様が見つけたアンティークで、
100年くらいたっているものとのこと。

2018.11.26reception

このレセプションカウンターを中心に
周りのレイアウトをして、
アンティーク家具とケンカしないような、
おとなしい色合いと面材で家具を製作しました。
(もちろんコーディネートは安藤です。
私は現場の管理をしただけです。ハイ(笑))

奥に写っているのもアンティークのガラス扉で、
もとの窓の位置に合わせて取り付けているので
柔らかく明かりがこぼれます。

横のミラーは、
もとの店舗から取り外して再設置した、
使い慣れたミラーなのです。

もとの店舗からと言えば、
たくさんあるこのロッド類。
2018.11.26rodbefore

新店舗でも、トレーごと
そのまま再利用できるように、
もとの店舗の家具とピッタリ同じ寸法で
家具を製作して納めています。

2018.11.26rodafter

とはいえ、
材をラバーウッドの集成材にして、
周りとの調和を忘れていません。
(くどいですが、安藤が、です(笑))

まだまだ色々あるのですが、
打合せと並行しながらも工事は無事進行し、
しかして完成いたしました。

2018.11.26gaikanafter1

2018.11.26gaikanafter2

見える所、見えない所のあちこちに、
優建築工房らしさを籠めています。

最初の写真と比べてみてください。
なかなか素敵になったでしょ。

ご興味のある方は是非どうぞ。

hair live ぷぺ
秦野市南矢名2-6-1
0463-78-1383

大坂

現場監督ブログ

2018/10/08

10月に入ってもなかなか天候は安定しない毎日ですが、
皆さんはいかがお過ごしですか?
朝晩は冷え込んだり、日中は晴れて汗ばむくらいかと
思いきや突然の雨が・・・など、体調の管理も大変ですね。

今週は、そんな厳しい陽気を食欲の秋で乗り切ろうと
目論んでいる大坂が書かせていただきます。

秋の味覚と言えば、マツタケや栗、さつまいもなど
たくさん思い浮かびますが、私の楽しみはこれ。

2018.10.8sanma

秋刀魚です。

塩焼きや骨まで柔らかく煮付けたものも大好きですが、
新鮮なものが手に入りやすいこの時期だけの特権の、
刺身でいただくのがとても好きです。

すいません、さばいた後の写真を撮り忘れてしまいましたが、
脂がのってとても美味しかったですよ。
特に炙り刺しが最高でした。

さて、この1週間では、解体完了検査が1件、
木造軸組み検査が1件、木工事完了検査が2件ありました。

そして、ここのところたて続けに大型の台風が日本に接近、
上陸して、各地に被害が出ました。

今年は、梅雨明け直後から台風の接近が続き、
台風の当たり年のようです。

私共も、台風の接近のたびに様々な対策を現場に施し、
強風に対する備えをしてきました。

2018.10.8youjyou

仮設足場のネットをたたんだり、
外部にある飛散しそうなものを撤去するのは
当然行う初歩の対応です。

工事中の現場は、屋根や外壁を剥した状態であったり、
窓やドアを取り外している場合もありますので、
建物自体の風対策も必要な場合があります。

解体個所の防水シートがはがれないよう胴縁を増し打ちしたり、
構造に不安がある古い建物などの場合は、
一時的に耐風力を上げるための構造補強を施したりすることも
あるのです。

個人的な印象ですが、昔に比べて、最近は天候の変化が
極端になっている気がしています。

ゲリラ豪雨や竜巻などの言葉も、以前より頻繁に耳にします。

この時期に台風が接近して、
日本の各地に爪痕を残すということは
確かに以前からありましたが、
それも近年は巨大化、猛烈化しているような
気がしてなりません。

温暖化をはじめ、地球環境の変化が、
少なからず影響しているのでしょうか・・・

家造りを生業としている以上、安全で災害にも強い、
堅牢な家を造るということは当然の使命ですが、
それだけではなく、なるべく自然と共生する設計をして、
地域材を積極的に利用するなど、
少しでも地球環境に配慮した家造りをすることが
大切なのではないかと、改めて考えています。

大坂

1 2 3 11

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)