優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 現場監督ブログ
現場監督ブログ

2018/02/19

こんにちは、工事部両角です。
年末に私と子供達がインフルAで
寝正月になり早一か月半。
現在インフルBが我が家で猛威を
ふるっております。

今回は絶対うつらないよう
細心の注意をしております!

巷でもかなり流行っているので。
皆さんもお気を付け下さい。

先日、現場のお庭にある梅の木が
花を咲かせておりました。

2018.2.19梅

春はもうすぐですかね?
早く暖かくなってもらいたいです。
(花粉症の季節に突入ですが・・・)

さて今回は、今週末にお引渡しを控えた
K様邸のご紹介をさせて頂きます。

工事内容は1階内部のほぼスケルトン。
外壁、外廻りはほとんど触らず
内部のみの改装工事でした。

改装前は、北側に独立してあったキッチン。
陽が当たらず寒々しい感じがしていましたが、
リフォームでLDKのなかにキッチンを設置。
これにより日当たりが良くなり、
キッチンが明るくなりました。

リビングからキッチンを望む
2018.2.19リビングからキッチンを望む

解放感もあり広々してます。

日当たりも良好で南側のサッシからは
冬の日差しが燦々と入ってきます。

キッチンからリビングを望む
キッチンからリビングを望む

この日差しのお蔭で冬だと言うのにぽかぽかです。
床には床暖房を今回の工事で設置致しましたが、
正直、日中は床暖房いらないですね。

私達の事務所からK様邸が近い事もあり、
弊社の若い設計、コーディネーターにも
現場の方を見学させて頂きました。

自分の担当した現場以外の完成を
写真以外ではなかなか見る機会がないので、
皆それぞれ良い勉強になったのではと思います。

先輩の設計、コーディネーターの良い所を
盗み自分の物していってもらいたいです。

現場勉強会
2018.2.19勉強会

2018.2.19勉強会2

K様ありがとうございました。
完成お引渡しまであと少しです!

両角

現場監督ブログ

2018/02/12

寒い日が続いていますが、
風邪などひいていないでしょうか?
先週末は節分で、我が家も
豆まきをして福を招きよせました。

ですが鬼が二匹 紛れ込んでしまったようです☆

2018.02.09_seiri1

さて前回の続きですが、整理整頓について
お話させていただきたいと思います。

テレビや雑誌の特集などで、
ビフォア アフターが載っていて
真似をしたくなる素敵な収納をよく見かけます。

ですが真似をしてみた素敵収納が、
いつの間にか崩れてしまっていて、
結局使いづらい収納に後戻りしていた・・・
なんて経験はありませんか?

どうやら素敵収納を維持するには、
最初に収納する時点で基本のルールがあるようです。

収納の基本は、
『モノを使うときに使いやすい状態で収納する』
という事です。

そのモノを取り出す時に、
『無駄な動きや手間がかからない』収納に
なっていれば、使いやすい状態といえると思います。

例えば・・・

スーパーで買ってきた五個入りのBOXティッシュ、
これをそのまま所定の収納場所に収納するのではなく、
使うときの事を考えてビニールから取り出してから収納する。

これが『取り出す時に無駄な手間がかからない』です。

そんなの普通でしょ?と
思われた方もいらっしゃると思います。

それでは、次は絆創膏を買ってきたとします。
それをそのまま救急箱に入れてしまいますか?
私は救急箱に入れる前に、
上の蓋をはさみで切ってしまいます!

こんな感じ。
2018.02.09_seiri2

それから救急箱(我が家は引き出しです)へ収納します。
すると、引き出しを開けるとすぐに絆創膏を取り出すことができます!

2018.02.09_seiri3

これこそ、
『モノを使うときに使いやすい状態で収納する』です。

ちいさな事ですが、こういった積み重ねが
暮らしを快適にしていくのかな、と思います。

日々の生活では、『出す・使う・戻す』
の繰り返しですが、使うときは必要なので
『出し』ますが、『戻す』行為が
なかなかできないものです。

ですが戻す場所が決まっていることと、
所定の位置に戻しやすければ、
戻す行為も苦にならなくなります。

そして、モノを『戻す場所』と『使う場所』は
近ければ近いほどいいですよね!
行動動線が短くなれば、時間も短縮できます。

優建築工房では、家事動線・行動動線なども
踏まえて設計計画がされています。

玄関からパントリー・キッチンまで
通り抜けられる動線。

2018.02.09_seiri4

買い物帰りなど両手がふさがっている時も便利そうですし、
買い物帰りにそのままストックものの収納ができそうですね。

ファミリークローゼット。

2018.02.09_seiri5

家族ひとまとめのファミリークローゼットは
洗濯物をしまう際に、各部屋に運ぶ手間を省けますね!

衣類を管理する母親にとって
とても助かりそうです!

さらに衣替えなどもこの場所で完結するので
手間が省けそうです。

この様な大がかりな収納の変更は
なかなか出来る事ではありませんが、
動線を考えた収納計画で暮らしが
よりよくなりそうです。

半田

現場監督ブログ

2018/02/05

こんにちは、工事部の平山です。
あっという間に1月が終わり、
気づけばもう2月に入りました。
まだまだ寒い日が続いております。
今年はインフルエンザが爆発的に流行っています。
かからないように手洗い、うがいをして気を付けております。
皆さんは、体調を崩していませんか?

先日、初めて名古屋城に行ってきました!
地元の小田原城より随分大きくて驚きました!

2018.2.5yane写真1

遠目に見ていた時、
瓦が葺かれていると思いましたが、
実は瓦の形をしていますが、
木材で瓦のような曲線を表現して、
上から銅板を葺いてあるそうです。

因みに、緑色のような色は、
緑青(ろくしょう)という現象です。
言われてみれば、緑青ですよね。

今回は、名古屋城でも気になった、
屋根材について調べてみました。

屋根材は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、瓦です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真のお家は、玄関ポーチが瓦葺きです。

瓦は昔から屋根の材料として用いられています。
現在でも多くの建物で使われています。

メリット:
耐久性やデザイン性に優れており、
割れたりヒビが入った時でも
部分的に葺き替え工事が可能です。
自然素材なので、断熱性が高く
夏は涼しく冬は暖かいです。
瓦自体のメンテナンスは不要です。

デメリット:
重いので、地震に弱いです。
地震の時に落ちてきたり、
台風の時に飛んで来たりする
危険性があります。

2つ目は、スレートです。

比較的に安価なため、最も多く住宅に使われている屋根の材料です。
スレートは、天然のものと人工のものがあります。

2018.2.5yane写真3

写真はコロニアル葺きの屋根塗装の様子です。
コロニアル葺きの屋根は一般的に8年~10年ほどで
メンテナンス為塗装が必要だと言われております。

メリット:
非常に軽く、施工しやすいので
複雑な屋根に適しています。

デメリット:
表面劣化が起こりやすく、
こまめなメンテナンスが必要です。

3つ目は、金属です。

昔は、よくトタンが使われておりましたが、
今は、ガルバリウム鋼鈑という金属素材が
使われております。
弊社でも一番多く使っている素材です。

2018.2.5yane写真4

2018.2.5yane写真5

写真は、弊社の新築工事のガルバリウム屋根葺きの様子です。

メリット:
ガルバリウム鋼鈑自体は、耐久数年が30年程と、とても長いです。
薄くて軽い為、地震の時の影響が少ないと言われいます。

デメリット:
薄くて軽い為、内部に雨音が響きやすいです。
ですが、断熱材をしっかり施工する事によって、
かなり改善出来ます。

弊社でも多く施工しておりますが、
お客様から雨音が気になると言った事は、
お話しを頂く事は、ほぼありません。

将来、私が家を建てるとしたら、
耐久性や耐震性に優れたガルバリウム鋼鈑を使い、
家を建てたいなと思っています。

平山

 

1 2 3 46

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)