優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 現場監督ブログ
現場監督ブログ

2018/08/20

お盆を過ぎて、少しだけ過ごしやすい陽気に
なった気がしますが、それでも酷暑の今夏!
皆さんは夏バテなどしていませんか?
今週は、7月に、なぜか時季外れの
インフルエンザに感染してしまった
大坂が書かせていただきます。

この1週間では、基礎配筋検査が2件、
木造軸組み検査が3件ありました。

また、先日には私共も1週間の夏休みを頂きました。

その間は、全て近場の日帰りでしたが、
子供たちのリクエストに応えて
普段連れていけないところへ繰り出す毎日でした。

しかし、様々な施設やレジャーに出かけても、
私はなぜか展示やアトラクションなどより
建物の方に目がいってしまいがちで、
これもある意味職業病なのかなぁと苦笑していました。

今回はその中のひとつ、さいたま市にある鉄道博物館で
見つけたことをご紹介したいと思います。

この鉄道博物館は、今年の7月に新館が完成して、
リニューアルオープンしたばかりでした。

メイン展示スペースは、繊細なトラスの架構が
広大な空間を造り出していました。

2018.8.20naibu1

2018.8.20naibu2

私共が普段携わる住宅などとは
スケール感が全く違うのですが、
その大空間に圧倒されるとともに、
その精度と技術力の高さは
目を見張るものがあります。

きっと詳細な構造計算や様々な負荷に対する
シミレーションの末に出来上がったであろう架構には、
研ぎ澄まされた構造体の美しさを感じました。

一方で、不特定多数の人々が集まる施設独特の
配慮がされた優しいディテールも各所に見られます。

例えば大きな吹抜けに面する手摺のデザインです。

2018.8.20tesuri

ステンレスのパイプの骨組みに
強化ガラスがはめ込まれた手摺で、
上部が斜めにオーバーハングした
デザインとなっています。

このデザインには、下にモノが落ちないように、
そして下階の展示を見るのに妨げにならないように、
という配慮を感じます。

そして、下階の展示に夢中になって
身体を手摺より乗り出しても落下しないように、
ということまで考えられているように思えます。

模型の展示ケースのカウンターはとても厚く、
大きな面が取られています。

2018.8.20counter

多くの人が直接手で触れる部位なので、
決して鋭利にはせず、素材も無垢の木が
使われていました。

このあたりは、私共が普段から
実践していることと同じだなぁと思い、
少しうれしくなりました。

しかし、私にはカウンターの高さがかなり低い印象です。

飲食をするためのカウンターではないので、
低いのかなと考えていると、違いました。

夢中になって展示を見ている息子を見て、納得。

2018.8.20mutyuu

すごくしっくりとしています。
実は、小学校低学年の子供たちには
ちょうど良い高さなのでした。

常に、それを使う人、そこで過ごす人を想像して
建築をデザインする、という基本的なことが
ちゃんとされているのに気付かされました。

最後にメインアプローチについてもご紹介を。

2018.8.20approach

ヨーロッパの駅舎のような雰囲気で、鉄骨のトラス柱に
支えられた割と低めに抑えられた屋根の中央から
日差しがこぼれ落ちる、とても気持ちの良い空間でした。

全ての来場者がここを通るわけですが、
いやでも鉄道に対して気持ちが高まっていくに
違いありません。

よく見ると、足元のタイルが部分的に
異なるのがわかると思います。

2018.8.20approaciyuka

実はこれ、文字や数字が書かれた
特別なタイルが貼られていて、
全体として時刻表になっているのでした。

2018.8.20yukatile

ちょっとした遊び心なのかもしれませんが、
気づいたときには「やられたっ」て感じで
微笑んでしまいました。

建築の基盤である安全で堅牢な構造と優しいディテール、
そして遊び心と、展示だけでなく建築物としても
とても見ごたえのある鉄道博物館でした。

大坂

現場監督ブログ

2018/08/06

こんにちは。工事部の井出です。
先週末は厚木の鮎祭りでした。
私は毎年、川沿いから花火鑑賞をしていますが、
やはり間近で見る花火は、良いですね!
この酷暑の疲れが少し和らぎました。

20180804rentogen1

さて現在、工事中の横浜O様邸、
築49年の団地改装工事を進めています。

内部スケルトンのため、
躯体以外を全て解体し、
躯体を現しにして、

20180804rentogen2

天井・壁の断熱材(発泡ウレタン)吹き付け・
新規床組(置床)まで組み上げました。

20180804rentogen3

現在は大工工事も終盤に差し掛かっています。

その過程で、躯体のコア抜き(穴開け)を行いましたので、
今回はそちらのお話しをさせて頂きます。

通常、構造であるコンクリートを解体することや、
コアを抜くことは、禁止とされている事が多いですが、
今回、コア抜きに関しては、いくつかの制限のもと、
管理組合さんから許可が出ていますので、
そちらに基づいて、工事を進めました。

目的は2つ(2か所)あります。

①エアコンのスリーブ
※既存は1カ所しかスリーブがないため、
1台しかエアコンを設置出来なかったのですが、
新たにもう1台、設置箇所を増やしたいため。

②給湯器配管ルートの確保
※既存ではキッチン・洗面・浴室、各所に
給湯器(瞬間湯沸かし器)があったのですが、
配管を取り出せれば、給湯器1台に集約出来るため。

管理組合さんからの制限
(窓上は禁止等、位置範囲の指定)
をクリアした上で、
もうひとつ注意しなければいけないのが、
コンクリートの中に組まれている
鉄筋や電気配線用の配管を避ける事です。

その手段として今回は、
レントゲン撮影をした上で穴を開けていきます。

まず穴開け想定位置を中心に
X線発生装置と壁の裏にフィルムをセットします。

20180804rentogen4

20180804rentogen5

この状態でX線を照射し、数分で
現像したものを確認出来ました。

20180804rentogen6

鉄筋の位置が分かりましたので、
近い鉄筋を現場に書き出します。
(緑テープの上の黒い線が鉄筋です)

20180804rentogen7

予定位置下の鉄筋が近かったので、
予定位置よりも50mm程上に、
位置をずらして穴を開けていきます。

20180804rentogen8

抜けたコンクリートを見ても、
鉄筋を切断した跡はありませんので、
一安心です。

20180804rentogen9

集合住宅でコアを抜く機会は、あまり無く、
珍しい工事でしたので、現地で終始観察させてもらい、
またひとつ勉強になりました。

現地は、木工事完了まであと一踏ん張り。
完工まで気を引き締めていきます!

井出

現場監督ブログ

2018/07/30

こんにちは。工事部の平です。
暑い日が続き、室内ではエアコンを付けないと、
過ごしていられないですね。
一歩外に出ると、汗が噴き出てきて、
作業着もびしょびしょになってしまいます。
熱中症には、十分に注意して過ごしていきたいと思います。

今回は、そんな外気の気温を遮断する
断熱材について、お伝えします。

先日、RC造のマンションの外部に面する壁の内側に
発砲ウレタン(断熱材)の吹き付け工事を行いました。

このマンションの外壁面は、躯体(コンクリート)に
GLボンドという接着剤で、石膏ボードが貼られています。

今回の工事目的は、
壁内(躯体面と石膏ボードの間)で結露が発生し、
部屋の中のクロスや床がカビてしまった為、
その原因の結露を解消することです。

壁内結露が発生する原因の一つは、
室内の湿気を多く含んだ空気が、
冷たくなった躯体に接触することで、
空気の温度が下がり、
水蒸気が水に戻ってしまうことです。

2018.07.28uretan1

この冷たくなった躯体と室内の空気が
接触しないように する役割が、断熱材です。
断熱材にも種類がありますが、
今回は発砲ウレタンを採用しました。

よく木造住宅で使われているグラスウールの断熱材と違って、
特殊な機械で壁に吹き付けるタイプの断熱材になります。

グラスウール
2018.07.28uretan2

発泡ウレタン
2018.07.28uretan3

求める断熱性能の為には、
グラスウールだと10㎝以上の厚みが必要ですが、
発砲ウレタンなら、3㎝程度で十分な為、
RC造のマンションの断熱材として良く採用されています。

さて、その発砲ウレタンの施工手順です。

①下地組み
躯体面に発砲ウレタンを吹く厚みより、
10mm~15mm厚く下地を組んでいきます。
※コンセント周りにも下地を組み、
ボックス内に 発砲ウレタンが入り込めないようにしています。

2018.07.28uretan4

②配線カバー取り付け
CD管で配線が発砲ウレタンで埋まらないように保護します。
2018.07.28uretan5

2018.07.28uretan6

③養生
2018.07.28uretan養生

④発泡ウレタン吹き付け
※発泡ウレタンが付着すると非常に剥がれにくい為、
十分に服やビニールで体を覆って作業をします。
2018.07.28uretan7

⑤養生剥がし、発泡ウレタンをそぎ落とし
発砲ウレタンが下地の厚みより飛び出ている ところを
落としていきます。

発泡ウレタン吹き付け工事の完成です。
2018.07.28uretan8

2018.07.28uretan9

隙間なく発泡ウレタンが吹き込まれている為、
躯体と室内の空気が直接触れることがなくなり、
結露発生が軽減すると思います。

今後はこの上から石膏ボードを貼り、
クロスで仕上げます。

これからお客様が生活する上でカビの発生がなくなり、
快適に過ごしていただければと思います。

最後に、前回のブログでご紹介した
外壁塗り替えの建物が完成したので、
写真を載せさせて頂きます。

2018.07.28uretan10

2018.07.28uretan11

改装して、生まれ変わった建物。
喜んでいただければ幸いです。

1 2 3 54

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)