優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 現場監督ブログ
現場監督ブログ

2017/06/26

6月も終盤になりました。
もうすぐ今年も半分が終わるのかぁ・・・
という感慨を抱きつつも、
梅雨本番で毎日の天気が気になる今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしですか。

今週は、大好きな夏が待ち遠しい大坂が書かせていただきます。

この1週間では、解体完了検査が2件、木工事完了検査が1件、
完工検査が3件ありました。

私は優建築工房の技術責任者をしておりますので、
事前調査や工程内検査、完工検査などで、
私共が携わらせていただくほぼ全ての建物を見ています。

それも、調査や検査が目的ですので、
非常に細かいところまでチェックします。

その数もかなり多く、改めて確認したところ、
完工検査だけでも今年になってからの約半年で
40件ほどありました。

立場上、とてもたくさんの建物を目にする
機会に恵まれているわけですが、
やはり自社の設計、施工の建物が
その大部分なわけです。

以前には、プランやデザインはもちろん、
細かな納まりや設えなども、
限られたバリエーションだけを見ているのではないか、
という強迫観念に襲われることもありました。

ですので、私自身としては、井の中の蛙にならぬよう、
なるべく視野を広く、建築に関わらず得られる情報も広く、
様々な知識を吸収すること。

そしてなるべくたくさんの良い建築を体験することを、
いつも心がけています。

つい先日も、組合の会合で高崎市を訪れたときに、
高崎市美術館内にある旧井上房一郎邸を見る機会
がありました。

この建物は、日本の近代建築に多大な影響を与えた
建築家、アントニン・レーモンドの自宅兼事務所を写した
建物として知られ、いわゆるレーモンド・スタイルが
よく表れている建築と言われています。

2017.6.26gaikan

周りの植栽になじむように低く抑えられた平屋で、
主家には片流れの大きな一枚屋根が架けられています。

南面はほぼすべてが開口部ですが、
方杖で支えられた深い軒先が影を落とし、
内と外を優しく繋ぐ緩衝空間になっていました。

2017.6.26nokisaki
樋は付けず、雨垂れ位置に砂利が敷いてあります。

中央付近に、建物がえぐり取られたようにパティオがあり、
上部の屋根もガラス張りなので、とても明るく心地よい
スペースでした。

2017.6.26patio

2017.6.26patioyane

居間は、開口部が多く、勾配天井でとても開放的なのに、
明る過ぎず落ち着きがある、という印象でした。

2017.6.26ima

北面の高い位置にハイサイドライトとしての窓があり、
直射ではない太陽光が柔らかく降り注いでいます。

2017.6.26imahighside

寝室にはソファが作り付けられていますが、
これはソファベッドとのことでした。
おもしろいですね。

2017.6.26sofa

その奥には客間を兼ねた和室があります。

2017.6.26wasitsu

和室には式台を設け、あえて1段床レベルを上げて、
位の高い部屋という設えがされていました。

水回りは公開されていませんでしたが、
窓越しに覗くことが出来ました。

2017.6.26bath

よく見ると、浴室の奥には便器が設置されていて、
トイレと一体空間だということがわかります。

2017.6.26restroom

このあたりは、レイモンドの建築を写したことが
うかがえる部分ですね。

久々に名建築を体験できる、貴重な時間でした。
職業病とでも言いますか、
私はついつい細かな部分に目が行きがちなのですが、
建築を体験するときは、なるべくおおらかに、
空間全体を感じることを意識しています。

居間の椅子に腰かけて、南側の庭を眺めると、
植栽と芝の緑が目に心地よく、
とてもやすらかな気持ちになりました。

私たちも、そんな空間を創っていきたいと改めて感じました。

大坂

現場監督ブログ

2017/06/19

こんにちは。工事部の井出です。
梅雨でありながら、初夏のような、
雨にも熱中症にも気を張らなければいけない、
なんとも難しい日々ですね。
現場サイドも頭を悩ましています。
皆様も体調管理には気を付けて下さい。

今回は、お客様が生活しながら工事を進めている
T様邸改装工事のお話しをさせて頂きます。

過去に2世帯住宅として使用していた
木造2階建て住宅を、単世帯への改装工事。

工事内容としては、
〇1階は内外部スケルトン
〇2階はお風呂・洗面所以外の内部改装
〇ロフト空間の延長

かなりのボリュームの工事です。

この内容ですと、
基本的に仮住まいをおススメさせて頂いておりますが、
ワンちゃんと猫ちゃんが一緒に生活されているため、
仮住まいが難しく、住みながらの工事を選択しました。

住みながらの工事では、
電気・ガス・水道を一時的に止めさせて頂くこともありますし、
お客様の導線と工事範囲が交錯してしまう事もあります。

そのため、何よりお客様にご不便をお掛けしてしまいますが、
T様のご協力により、工事も円滑に進めさせて頂いています。

工事担当として、
今回の工事内容で注意しなければいけないのは、
大きく2つ
“電気・ガス・水道のインフラ”と“戸締り”です。

今回は“インフラ”についてのお話。

まずは外壁を張り替えるにあたっての給湯器。

既存給湯器は、このように外壁に設置されています。

20170616suminagara1

仮住まいであれば、外してしまっても問題ないのですが、
住まいながらなので、給湯器は使用出来るようにして
おかなければいけません。

いくつか方法があるのですが、
今回は足場に仮移設という方法を取りました。

20170616suminagara2

この状態で外壁張替えを含めた外部工事を進めていきます。

続いて内部給排水配管について。

今回、生活しながらの工事なので、
3期間に渡って工事を進めています。

1期工事…
ロフト空間の延長(お客様は1階・2階で生活)

2期工事…
1階内外部スケルトン(お客様は2階・完成したロフトで生活)←今ここです。

3期工事…
2階改装(お客様は完成した1階・完成したロフトで生活)

といったかなりトリッキーな内容です。

給排水工事で事前からどうしようかと考えていたのは、
“死水”問題です。

“死水”とは水道配管内で、循環せず動かない水の事で、
動かない水は腐ったりカビが発生したりして、
悪臭がしたりします。

今回、2階で使用していた既存キッチンを
メインの1階工事が終了した後に撤去しなければいけないので、
2階既存キッチンまでの湯水の配管に“死水”が残ってしまう
恐れがあります。

どういう事かというと、

↓こちらは1階天井裏の解体状況。

20170616suminagara3

↓2階の給排水管です。
20170616suminagara4

分かりづらいと思いますので、
湯水を図面にするとこんな感じです。
青が水。
赤がお湯です。

20170616suminagara5

普通に工事を進めてしまうとこの部分が死水になってしまいます。

20170616suminagara6

そこで。

後で2階キッチンを撤去しても“死水”が出来ないよう
こんな感じに配管を切り替えます。

20170616suminagara7
20170616suminagara8

現地はこのような感じ。

20170616suminagara9

大事なのはここ。
このチーズ(枝分かれ)部分です。

20170616suminagara10

20170616suminagara11

これです。

20170616suminagara12
1階に天井点検口を設け、後工事の時に点検口内、
このチーズ部分で2階キッチン配管を切り離します。

配管は撤去しきれませんが、水抜きができ、
もう通水される事はありませんので、これで安心です。

ここでもう一つ。
解体後に気付き、お客様に提案した事がこちら。

20170616suminagara13
2階トイレの排水勾配が悪く、
2階UBの排水もかなり遠回りをしていました。

この状態ですと、流れの悪さもそうですが、
後々の詰まりの原因にもなりかねません。

これはこの機会でないと直せないので、
すぐご提案しました。

写真だと分かりづらいのですが、
直した状態がこちら。

20170616suminagara14

トイレ排水の勾配を取り直し、
UB排水は最短距離に組み直しました。

お客様の実感としてもUB排水の流れが良くなったと
仰っていたので良かったです。

ひとまず“インフラ”についてのお話はここまで。

もう一つの注意点“
戸締り”については、また次回、お話させて頂きます。

まだまだ工事は続いていきますので、
T様、引き続きよろしくお願いします。

井出

現場監督ブログ

2017/06/12

こんにちは。工事部の平です。
関東地方も梅雨入りをし、雨が多い季節になりました。
近くの田んぼでは、梅雨入りを喜んでいるのか、
カエル達が大合唱をしております。
私としては、外部の工事がなかなか進みにくくなる為、
晴れてほしいなと願っております。

2017.06.10 田んぼ

今回は、雨漏りの原因にも繋がる
外壁のシーリング(コーキング)の劣化、
打ち替えについて、お伝えしたいと思います。

外壁にもいろいろ種類がありますが、
シーリングの打ち替えを行う素材はというと、
サイディングが主になります。

2017.06.10 サイデイング

サイディングは住宅で多く使われていますが、
その中で劣化が進みやすい部位はシーリングです。
シーリングは防水には優れていますが、
紫外線劣化しやすい素材な為、
一般的に5~6年くらいに一度、
打ち替えをすると良いと言われています。

目で見て、わかりやすいシーリングの
打ち替えのタイミングとしては、表面に
亀裂が入ってくるのが目安になると思います。

2017.06.10 亀裂写真

また、シーリングが瘦せて細くなっていたり、
もともと幅が狭かったりすると、
亀裂が入りやすい為、
打ち替えをした方がいい場合もあります。

今回のリフォームでは、後者の状態でしたので、
打ち替えを行いました。

打ち替えの手順としては、

①既存シーリングの除去
②マスキングテープで養生
③プライマーを小口に塗る
(シーリングと外壁の接着が強くなります)
④シーリングを打つ
⑤その後、速やかにマスキングテープを剥がす

となります。

このような流れで、
一軒すべてのシーリングを打ち替えていきます。
だいたい一軒すべて打ち替えを行うと
350mから400mの長さのシーリングを打つことになります。

今回の現場では、2人で3日間かけて
おこなっていた為、大変な作業だなと感じました。

2017.06.10 シーリング写真

ひとつひとつのメンテナンスが、
より安全に家を長持ちさせることに
繋がる大切さを改めて感じました。

これからもより知識を深め、
お客様に喜んでいただける
リフォームや家づくりが出来る監督を
目指し頑張ります。

1 2 3 35

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)