優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

設計担当ブログ

2018/12/17

皆様こんにちは、関嵜です。
いやーぁ、毎年のように言っておりますが、
早いものでもう12月になりました。
2018年も、わずかとなってまいりました。

しばらく暖かく過ごせましたが、
このところ寒さが厳しくなってきました。
寒さになれていなかったせいか、
突然の寒さが一段と厳しく感じます。
皆様も 風邪や体調に気を付けて下さいね。

今回は、「小さい引き出しの小物入れ」
を作成しました。

 2018.12.16HSkomonoDiy15

いつも通り構造や形は、いたってシンプルに!
を基本に、さっそく取り掛かります。

まずは、材料です。
材種はなんでも結構ですが、杉材を使います。
幅広の板材(板厚薄め)なら杉がおすすめです。
杉材は、価格がお手頃で材が柔らかいので扱いやすく、
比較的どこのホームセンターでも手に入るのでオススメなのです。

2018.12.16HSkomonoDiy1

 2018.12.16HSkomonoDiy2

巾300x長さ900×厚み14㎜の板からカットして、

上板:巾244x奥行156 1枚
下板:巾244x奥行156 1枚
背板:巾244×高さ200 1枚
側板(右):巾156x高さ228 1枚
側板(左):巾156x高さ228 1枚

上記の材とは別に引出用のレールとなる木材
10x10 長さ140  8本
(材10x10x長さ1800の材からカットしています)

 2018.12.16HSkomonoDiy5

その他、
・100均にて、木製トレー(今回はダ〇ソーさんの物を活用)
サイズ巾240x奥行き140 厚さ20㎜

・ウッドピン(画鋲です)お好きな物を使って・・・
今回は、年輪みたいな木の画鋲にしています。

上記の材料を使い作ります。

木製トレー
 2018.12.16HSkomonoDiy3

画鋲
 2018.12.16HSkomonoDiy4

材料をカット出来たら、
本体の箱となる木板を組み立てていきます。

まず先に側板の内側にレール材となる木材を
木工用ボンドで留めておきます。

 2018.12.16HSkomonoDiy6

 2018.12.16HSkomonoDiy7

 2018.12.16HSkomonoDiy8

レール材を留めたら、上板、側板それぞれを
2所づつ小さめの釘で留めていきます。

 2018.12.16HSkomonoDiy9

 2018.12.16HSkomonoDiy10

三方(上板、側板左右)が付いたら、
底板、背板と留めます。

 2018.12.16HSkomonoDiy11

 2018.12.16HSkomonoDiy12

これで本体の箱は完成です!

木製のトレーに、引き出しのつまみとして用意した
ウッドピン(画鋲)をトレーの正面板中央部分に
刺して取り付けます。

 2018.12.16HSkomonoDiy13

トレー5つに付けたら、本体にトレーをセットします。

 2018.12.16HSkomonoDiy14

完成です!!

 2018.12.16HSkomonoDiy15

上部に持ち運び用の取っ手を付けるのも
アクセントとして良いかもしれません。
今回はアクセサリー等を入れるように、
トレーの厚みを浅い物(2㎝)にしましたが、
もう少し深いトレーを使えば、
筆記具や事務用品などをしまえる
引き出しにもなります。
ひとつあると小物の整理に重宝するとおもいます。
皆様もぜひ作ってみてください!!
関嵜

設計担当ブログ

2018/11/12

皆様こんにちは、関嵜です。
11月になりました。
暖かい日もあり、肌寒い日がありと、
寒暖差がありますので、
体調に気を付けて下さいね。

えー本日は、前回、ご紹介しました
卓上収納ケースを作成していきたいと思います。

それでは、さっそく取り掛かります!

まずは、材料です。

材種はなんでも結構ですが、今回は杉材を使います。
幅広の板材(板厚薄め)なら、杉がおすすめです。

杉材は価格がお手頃で材が柔らかいので扱いやすく、
比較的どこのホームセンターでも手に入りますので、
おすすめななのです。

メイン材料(単位:㎜)
巾180 x L=1800 厚20

背板材
巾250 x L=600  厚10

を使います。

2018.11.12HSCaseDiy1

まずは、ケースの制作です。
先に全部の木材パーツをカットします。

下記のサイズにカット。

「ケース本体」(単位:㎜)
上板:W400 x H180 厚20 1枚
底板:W360 x H180 厚20 1枚
側板/右:W240 x H180 厚20 1枚
側板/左:W240 x H180 厚20 1枚
背板:L=240 巾50 厚10  8枚

「扉フレーム」
W40 x H276 厚20 2枚
W40 x H176 厚20 2枚

先に材料をカット出来たら、
本体の箱となる木板を組み立てていきます。

それぞれを2箇所づつコースレッドビスで留めていきます。

2018.11.12HSCaseDiy2

2018.11.12HSCaseDiy3

2018.11.12HSCaseDiy4

2018.11.12HSCaseDiy5

三辺(上板、側板左右)が付いたら、底板を留めましょう。

2018.11.12HSCaseDiy6

2018.11.12HSCaseDiy7

2018.11.12HSCaseDiy8

底板を留め終えたら、背板を左から順に留めていきましょう!

2018.11.12HSCaseDiy9

2018.11.12HSCaseDiy10

2018.11.12HSCaseDiy11

背板が完了しましたら、扉のフレームを組み立てていきます。

2018.11.12HSCaseDiy12

2018.11.12HSCaseDiy13

フレーム(四辺)を固定したら、丁番(金物)を付けます。

2018.11.12HSCaseDiy14

次につまみ(取っ手)、マグネットキャッチを付けます。

2018.11.12HSCaseDiy15

2018.11.12HSCaseDiy16

各金物が取り付いたら、扉のアクリル板の施工です。

※開口部分の寸法より、ひと回り大きく
アクリル板をカットして裏からビスで4箇所(角)に
留めていきます。

2018.11.12HSCaseDiy17

2018.11.12HSCaseDiy18

2018.11.12HSCaseDiy19

アクリル板が扉に付きました。

2018.11.12HSCaseDiy20

組立、加工、備品取付が完了しました。

塗装作業に入ります!!

前にもご紹介しましたが、今回も木目を活かして、
ワトコオイルを使ったオイルフィニッシュ塗装です。

透明なオイルなので、塗りむらがなく安心です。
ひたすら塗っていくだけで大丈夫です。
それでは、各所塗っていきます!

2018.11.12HSCaseDiy21

2018.11.12HSCaseDiy22

2018.11.12HSCaseDiy23

2018.11.12HSCaseDiy24

風にさらして1時間半~2時間、乾けば完成です。

2018.11.12HSCaseDiy25

2018.11.12HSCaseDiy26

こんな感じになりました。

ダイニング用や洗面室用として、色を付けたりサイズを変えて
自由にお好みの小物ケースを作ってみてはいかがでしょうか。
一つあるだけでいろいろと重宝するとおもいます。
作ってみていただけたら嬉しいです。

関嵜

 

 

設計担当ブログ

2018/10/08

皆様こんにちは、関嵜です。
10月になりました。
秋に入り、残暑が続きましたが、
過ごしやすくなってきましたね。

実りの秋、紅葉の秋をこれから迎え、
お出掛けするのが楽しい時期です。
皆様もこの秋を楽しんでください。

いろいろとDIYものをご紹介してきましたが、
今回のDIYは、置いといても可愛いケースを
ご紹介したいと思います。

キッチンでなら、調味料を入れたり、
パンを一時置きとして入れたり。

ダイニングでなら、
ティーセットやお菓子をいれて。

リビングでなら、
テーブル廻りのごちゃつく小物類をここに入れて

などなど多用途に使える便利なケースです。

ではさっそく、
大きさ決めるのと製作するのにあたり
デザインン画兼設計図、木取り図を作成しました。

20181007HStakyjyoucase1-1

20181007HStakujyoucase2-1

こだわったのは、背板。
良い表情が出るように板をつなげて仕上げています。

このひと手間で、どの方向から見ても
可愛い家具になっています。

シンプルで使っていない時でも、
きれいな形なデザインなもの。
使いやすく邪魔にならないように
心掛けて考えました。

今回はここまでのご紹介となります。
次回、DIY作品の制作状況&完成品を
お伝えします。
お楽しみに。

関嵜

1 2 3 13

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)