優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ設計担当ブログ蓮実 正貴災害について考えましょう ~神奈川県内耐震診断・補助金~
設計担当ブログ

災害について考えましょう ~神奈川県内耐震診断・補助金~

2018/04/16

こんにちは、設計部の蓮実です。
新年度が始まり早2週間、
新社会人など新しいステージへ進んだ方も
ようやく緊張がほどけている頃では
ないかと思います。

我が家も次女が高校へ、
長男が中学へ進学となりましたが、
新しい制服に袖を通し喜んでいる子供達の姿を
見るとこちらも嬉しくなります。

4月14日を迎えて熊本地震から2年が経ちました。
あの震度7の連発地震は現行の耐震規定の建物さえ
大規模な損壊を受けた事例が何例もあり、
建築業界に大きな衝撃を与えました。

ここ最近、沖縄、島根、北海道、東北、愛知で
震度4~震度5強と規模の大きな地震が各地で
頻繁に起きています。

安政の江戸大地震も大地震の前に各地で
大地震が起きていたそうです。

安政の大地震の史記ですが、
ここ最近の地震とかぶり怖いです。

安政の大地震

私達に置き換えると東海地震や南海トラフ地震が一番懸念され、
専門家の発表でも年々確率が上昇し、本格的に備えと気構えを
していかなければいけない時期に来ていると思います。

建物の耐震だけではなく、
避難用具の場所や避難場所の確認等、
改めてご家族の中でのお話をお勧めします。

首相官邸サイトでの情報をご参考に。
災害に対するご家庭での備え

新年度が始まり、各行政でも耐震補助金について
予算や指針などがまとまってくる時期となります。

地震被害が大きいと懸念される地域においては、
過去の耐震助成の条件を緩和して多くの方に
耐震工事が普及するようにもなってきていますので、
耐震に少しでも不安のある方は、
一度市役所に内容などをお尋ねしても良いと思います。

各市町村の補助内容についてご参考までに。
神奈川県内市町村における耐震診断・改修補助一覧

※今年度の内容と異なる事がありますのでご注意ください。

熊本地震から2年、東日本大震災から7年。

残念な事に災害に対する意識は、
月日の経過と共に薄れていく事が多いのが現状です。
起こってほしくはないですが、
いつか起こってしまうであろう大地震に向けて、
「家族が笑顔で居られるために」
熊本地震から丸2年の節目の時期を機に、
ご家族内での備えについて考えるきっかけに
なって頂ければという思いで書かせて頂きました。

蓮実

 

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)