優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 設計担当ブログ
設計担当ブログ

2018/02/19

皆様こんにちは。
先月の大雪には参りました…
ニュースでもよく出る八王子。
過去最高レベルの積もり方となりました。

2018.02iseharagaruba01 2018.02iseharagaruba02

明け方の外気温は、なんとマイナス6.7℃!
尋常じゃないです…

2018.02iseharagaruba03

その中でも子供達は元気げんき。
必死に雪をかき集め、中々のかまくらが出来ました。
雪だるまの住まい。カワイイ〜

2018.02iseharagaruba04


さて今回は、新築の完成物件をご紹介します。
寄棟のどっしりとした趣き。
外壁は深いグリーンのガルバリウム鋼板で、
天然木のバルコニー手摺との相性は抜群です。

2018.02iseharagaruba05 2018.02iseharagaruba06

玄関ポーチにはモルタルのホワイト塗装で
柔らかな表情をプラス

2018.02iseharagaruba07

玄関天井にはレッドシダーの羽目板を施し、
リビング境のガラス戸や階段窓から明かりを貰いうけ、
落ち着いた佇まいになりました。

2018.02iseharagaruba08

LDKにつながるタタミコーナー。
時には個室化でき、隣室との風通しに
寄与した障子を施しました。

市松天井には米松材を施し、
低めの設定にほっこりとした空間が落ち着きます。

2018.02iseharagaruba09 2018.02iseharagaruba10

2階の洗面室。
バルコニー面した配置は家事動線を楽にしてくれ、
高低差を利用した空気の流入を導く室内窓を施しました。

2018.02iseharagaruba11 2018.02iseharagaruba12

日当り抜群の立地条件もあり、
この時期でもぽかぽか保温される室内。
柔らかく温もりのある桧のフロアと共に
優しくご生活される様子が目に浮かびますね。

友坂

設計担当ブログ

2018/02/12

こんにちは。設計の中込です。
前回からの続き。住まいを語る。

「室内格子」について。

以前のブログで、日本における「格子文化」について
お話させていただきました。
今回は室内において具体的な格子を使用した
事例のお話をしたいと思います。

室内に格子を用いるメリットはいくつかあります。

・視線の操作ができる。

閉じつつ開く。
見る角度によって格子の先のモノを
隠したり見せたりする事ができる。
格子の先のモノが丸見えにならず
何となくわかる。

・空間を柔らかく仕切る事ができる。

主体(図)が格子となり、
その奥のモノが脇役(地)となる。

壁程、強固に空間を仕切るのではなく、
もう少しやさしく空間、領域を分ける事ができる。

・間を仕切るのに空気が動く。

当然の事ですが、壁とは異なり、
格子と格子の間には隙間があるので、
空気が流れる。

空気が籠らないので、熱を発生する冷蔵庫などは
風の道になるような箇所に用いると上手に視線隠しと
熱の籠り解消や風の流れを促進する。

・木の格子で室内に質感を与える。

木の格子を用いる事で、無機質な空間に
木と言う素材がもつ「あたたかさ」、
「ぬくもり感」、「味わい」、「愛着心」
等を与えてくれる。

・格子の連続感がリズムを与えたり、期待感を与えてくれる。

人の動線と並行する縦格子の場合、
格子の連続感と人の動きが同調するように
リズム感を与えてくれる。

またその先の空間への期待感を持たせてくれる。

などなど、室内における格子の効果は
単純な視線の効果以外にもたくさんあります。

いくつか事例を。

玄関先に使用した事例。

0212genkan1

0212genkan02

0212genkan03

キッチン脇に使用した事例。

0212kitchen01

0212kitchen02

0212kitchen03

0212kitchen04

冷蔵庫脇に使用した事例。

0212reizouko01

手洗いコーナーに使用した事例。

0212tearai01

0212tearai02

居室の入口に使用した事例。

0212room01

0212room02

0212room03

0212room04

無機質な空間にちょっと質感のある素材を用いると
急に空間が良くなったりします。

視覚的効果、発端がそうであっても、知らず知らずの内に
色々な効果を生んでくれているように感じています。
ちょっとした空間のアクセントとしても良いですね。

続きは次回。

中込

設計担当ブログ

2018/02/05

こんにちは設計部の蓮実です。
気付けばもう節分。。。
今年も一年時間の経過が早そうです。
今頃ですが今年初めてのブログです。
今年も沢山の笑顔を作り出せるよう
頑張っていきますので宜しくお願い致します。

さて今回は、新築後、築10年経過した
お宅にお伺いさせて頂きましたので、
少しご紹介させていただきます。

外観
2018.2.5MH外観

外観はシンプルな切妻屋根。
また、玄関ポーチは深い軒の計画でした。

バルコニーの羽目板は、経年変化で
味わい深い色合いになっていました。

リビング前に目隠しに植えたトキワマンサクも
背丈が倍になっており、良い雰囲気の目隠しに
成長していました。

玄関ドア
2018.2.5MH玄関ドア

地窓無垢の木で造作させて頂いた玄関ドアです。
ハンドルの形状やガラスの間隔などを
打合せした日が懐かしいです。

2018.2.5MH地窓

地窓は玄関ホールの足元の明るさの為に計画。
今は愛犬が外を見ながら家族の帰りを待つ
特等席になっているそうです。

2018.2.5MHニッチ

ご家族の手形を付けたニッチスペース。
当時2才だったご長男のかわいい手、
今はもう中学生です。

畳コーナー
2018.2.5MH畳コーナー

吹抜け
2018.2.5MH吹抜け

階段の踊り場と兼用して計画した畳コーナー。
吹抜けの梁には筋トレの懸垂用?の木の棒
多目的に使っていただけていました。。。素敵です(笑)

子供室を仕切る化粧柱には、
子供達の成長の記録がありました。
当時、お子さんはご長男が2才、
妹さんが奥様のお腹の中でした。
化粧柱に刻んでだ成長の記録、
すごく嬉しかったです。

この物件の詳細は、
次号の季刊誌で詳しく掲載いたします。
ぜひ、ご覧ください。

S様、ご家族の皆様、
取材のご協力本当にありがとうございました!
時間が経つのも忘れるくらい楽しませて頂きました。
これからも末永いお付合いよろしくお願いいたします!

蓮実

1 2 3 57

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)