優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ 設計担当ブログ
設計担当ブログ

2017/06/19

こんにちは設計の平野です。
この頃は夕方6時半を過ぎても明るいことに気づき、
日が延びたな~と思っていたら、それもそのはず、
ほぼ夏至でした。
梅雨入りらしく、今週は天気がぐずつきそうですね。

さて、
先日、友坂さんがブログに書いていたリノベーション物件では、
私平野も設計に携わらせて頂きました。

リビングからキッチンをみる
hrn170618livingkara

限られた空間を、新しく二世帯になる家族構成の住まいに
フィットさせるため、今までの暮らし方と、
これからはどうしていきたいか?

ヒアリングをしながら最良なプランへ導いていく。
という骨格づくりがあり、そこから先の具体的な寸法・高さ関係、
素材選びや照明計画等の詳細設計を設計平野&コーディネーター
上田さんで担当させて頂きました。

いくつかポイントをご紹介させて頂きます。

まず、キッチンカウンター収納の高さについて。

対面キッチンの場合、カウンター付きの収納造作を
ご提案させて頂きます。

高さについてはキッチンの天板から
15cm~20cmほど上げることが多いです。

キッチンの天板が標準85cm±5cmですから、
床からカウンター天板の高さは、
100cm~110cmほどになります。

利点は散らかりがちなキッチンの手元が隠れるから。
というのがその高さの理由ですが、
配置によっては圧迫感がある高さになります。

テーブルのダイニングなら全く問題ありませんが、
今回の様に「座」のスタイルの場合。

hrn170618zataku

全体のスペースの都合上、キッチンカウンターのすぐ向こうは、
人が床に座るスペースですので、この高低差がありすぎると
なんとも居心地が悪そうな感じが・・・

そのため出来るだけ低くなるように既存利用に
キッチンの天板すぐ上にカウンターが来るように
設計しました。

展開図
hrn170618tenkaizu

10cm~15cmの違いですが、居心地は違うはずです。

「居心地」というのは感覚的なものですし、
色々な要素によって感じられることだと思いますので、
難しいですが、追求していきたいですね。

次に、あちこち設けた小窓。

せっかくのスキップフロア構成をより楽しんで頂くため、
あちこちに小窓(室内窓)を設けました。
完全な行き止まりがありません(ほぼ)。

人は通れなくても空気や気配が伝わります。

まずは2階ホールの通気窓。

通気窓
hrn170618tuukimado

個室の南面の窓と、反対面の階段の窓の通風経路となる通気窓です。

その上は天井裏を利用した一畳分の収納。
来客があふれた場合は、ここで寝て頂くことも可能!!?

キッチンと吹き抜けの小窓
hrn170618kitchennoue

このキッチンの奥の小窓と、上の吹き抜けの障子は、、

子供部屋
hrn170618kodomobeya

子供部屋と、ロフトに繋がっています。
これには、お兄ちゃんも大喜びで、
お引渡しの時には、あちこち走り回っては顔を出し、
楽しそうな笑顔を見せてくれました。
設計冥利に尽きる瞬間です。

hrn170618onichan

社に帰って写真を眺めていたところ、
この構成どこかで見たことあるな~~と思っていたのですが、
この前わかりました。

hrn170618juutakukennchiku

数年前に買った、よく勉強させてもらっている建築誌の表紙でした。
天窓の位置まで一致!(笑)
狙ってませんって、本当!
撮ってから気づいたんですよ~~
・・・以上、

ちょっとしたこと、、かもしれませんが大きな効果をもたらしてくれる。
そんな事例をご紹介させて頂きました。

M様T様、皆さまでにぎやかに楽しくお住まい頂けたら幸いです。
今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願い致します。

おまけ

覗き込む大人
hrn170618nozokikomuotona

それではまた。

平野

 

 

設計担当ブログ

2017/06/12

こんにちは、設計の関嵜です。
とうとう関東地方も梅雨入り宣言しました。
、、、が あまり雨ふりませんね。
なんだか今年は6月雨少なし、
7月に入って雨多めらしいです。

昼間は夏の陽射しで暑いですが
夜は冷え込むなど 寒暖の差が激しい時季です。
皆様も体調には充分お気を付け下さい。

さて今回は、先日お引渡しをさせて頂きました
K様邸をご紹介致します。

当初はLDKのクロスやトイレの改修予定だったK様、
やはり、きになっていた耐震のことや暑さ寒さのお悩み、
そしてキッチン使い勝手など、ご要望が膨らみましたが、
この機会に、あんしんで住みやすい家にすることになりました。
工事は、LDK床、壁天井の断熱改修と内装改装
LDKの耐震補強(柱や梁に構造金物を取付)、
明るさと通風もそしてデザインも考慮した建具やランマ建具
も造作しました。

造作建具
2017.06.12KsamaReform1 2017.06.12KsamaReform2

2017.06.12KsamaReform3

リビングとダイニングキッチンの間にあった建具と60cmあった
下がり壁を撤去し圧迫感をなくしました。

2017.06.12KsamaReform4

キッチンカウンターの上には、
奥様のお気に入りのペンダントライトを設置。
柔らかい雰囲気になりました。

2017.06.12KsamaReform5 2017.06.12KsamaReform6

2017.06.12KsamaReform7

既存の玄関ホールとわずかな段差が出てしまうため、
段差はなるべくない方が住みやすいので、
小さなスロープ敷居にて対応しています。

小さな所では有りますが毎日の暮らしのなかでは
かなり重要な部分になります。
なんでもなく暮らせることが一番大事です。

写真ではちょっと明るく写っていますが、
現場監督が雰囲気やテイストを守りながら
コーディネートした色味やデザインが溶け込むよう、
優しい配慮をしています。ありがとう。

住みながらのリフォームでしたので、
ご不便があったと思いますが、
ようやく、お引渡しを迎える事が出来ました。
お引渡しの際は、大変喜んで頂け私達も
とても嬉しかったです。

今後共、何卒よろしくお願い致します。
お住まいになってからの使い心地などを
またお聞かせいただけたら嬉しいです。

関嵜

設計担当ブログ

2017/06/05

皆様こんにちは!
6月に入ると装いが急に変わります。。
こうも日差しが強いと車内の熱気は常夏と同じ…
敏感肌の私はこんがり焼けが進行してくる季節です。。。

さて今回は、つい先週お引渡しをした
築23年のリノベーション事例をご紹介します。

お母様一人暮らしの実家に娘さん一家が同居する計画。

町田市の中心部に位置する為、
面積制限が厳しく増築が厳しい敷地条件です。

限られたスペースのなか、
賑やかになる5人の家族構成となる為
水廻りや玄関は共同使用が前提となります。

建物は元々面白い作りでガレージの上が中二階となっており、
勾配天井も備わった間取りはとても魅力的に感じました。

以前の過ごし方を娘さんに聞くと、そこが常に居場所であったとの事。

家族の中心となる場所は自ずと決まりました。

2017.06kagiri01 2017.06kagiri02

1階と2階の間、
つまり親世帯と子世帯のつなぎ的役割りの中二階。
その12帖たる空間に対面キッチンと収納、
リビングを加えた空間ができるのか。

それぞれの日常的な動きを重ねながら調整をしていきます。

2017.06kagiri03

ここでのキーワードは「座」の暮らし方。

新生活を考えるときテーブルとソファをどのように配置するかが
議論となりがちですが、会話を掘り下げてみると「座」の様式は
意外と身体に刻まれているのに気付きます。

という私も以前はソファが背もたれになり、
テーブルは荷物置きになったことから
生活スタイルを変えることに馴染めなかった一人です。

同じ状況の方は思い切って家具を処分してみては?
晴れやかな気分になりますよ。

という会話をすると、
家族の意見は分かれることなく座の選択に。

床座りは居場所が自由であり、家具も少なくなる為
比較的省スペースでの提案ができます。

2017.06kagiri04

そうして完成した物件がこちら。

2017.06kagiri05 2017.06kagiri06 2017.06kagiri07

座卓は以前のテーブルの脚をカットしたもの。
思い出も継続致します。

階段はリビング内に取り込むセンター方式へ。
自然と生まれる会話とともに、広さを演出する大事な仕掛けです。

2017.06kagiri08

勾配天井を利用したロフトも新設。
子供部屋から入れる為、お孫さんは大喜び!
その場から離れませんでした。。。

2017.06kagiri09 2017.06kagiri10 2017.06kagiri11

今ある空間を工夫しながら居場所を求めていく。
リノベーションだからこそできる発想は
建築の可能性をより深めてくれます。

友坂

 

1 2 3 46

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)