優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ
現場監督ブログ

2017/12/11

寒さがひとしお身にしみるころとなりましたが、
皆様風邪などひかれていないでしょうか?

私事ですが、先日娘達が七五三詣りをしてきました。
ですが、、、11月後半ということもあり、
神社の千歳飴が売り切れていました。
千歳飴を楽しみにしていた子供たちでしたが
しょうがありません。

飴が無くても大丈夫!
すくすく元気に大きくなあれ~

2017.12.08_seiri1

12月も中盤にさしかかりましたが、
家の大掃除などに取り掛かっている頃でしょうか?

和田さんのブログでもカゴ収納の話が出ていましたが、
私も便乗して整理収納についてお話させて頂きたいと思います。

家の中でくつろいで過ごしたいはずなのに、
散らかっていてなんだか落ち着かない…
そんな気持ちになったりはしませんか?
私は度々そんな気持ちになります・・・

でも日中は働いているし、
そんなに片付けにも時間がかけられない…
もっと効率的に家の中を片付けられないか、
そして子供たちも片付けに参加してほしい、

という思いから先日、
整理収納アドバイザーの講座を受講してきました。
講師の先生はテレビなどにも出ている有名な方で、
とてもお話が楽しく、あっという間に一日が
終わってしまいました。

その中のお話を少し紹介させて頂きます。

皆さん小さいころから親に「整理整頓しなさい」
って言われて育ってきたと思います。

でも整理整頓の方法って、
ちゃんと教わってないですよね。

整理整頓の正しいやり方がわからない…

とりあえず目につかない引き出し等に
どんどん物をしまいこんでしまって、
何がどこにあるのか把握できなくなって
しまうそうです。

まず整理整頓という言葉・・・
整理が先に来て、その後に整頓ですよね。
なので先ずは整理しなくてはいけません。

では整理とは何か?

辞書で調べてみると、
『無駄なもの不要なものを処分すること。』
となっています。

整理=『不必要なものを処分する』こちらを取り組んでからからの、
整頓=『見た目よく整える』をするとスムーズに進むようです。

私が引き出しの中を片づけるときには、
どうやったら見た目よく綺麗に整うか、
どうやってこの大量の荷物を収めようか、
ということを考えてしまっていました。

ですので空きスペースを活用するため、

突っ張り棒を駆使してみたり、
カラーボックスを買い足してみたり…と
収納量を増やすことばかり考えていました。

でも、最初の取り掛かり方が間違っていたようです。

まずは不要なものを取り除いてからの、
綺麗に整える!です。

そこで初めて突っ張り棒や
カラーボックスが活躍するのですね~

それでは、不必要なものを処分するには
どんな基準で判断すればいいのでしょう?

引き出しを例に挙げると、
まず引き出しの中のものを全て出します。

そして一つずつ、
『使っているもの』 or 『使っていないもの』
かを判断して、使っているものを引き出しに戻す、と
いう至ってシンプルな判断です。

では使っていないものは
全部捨てなくてはいけないかというと、

そうではなくその中で確実に1年以内に使うものは、
使っているものの仲間に入れてあげます。

この作業をして不必要なものを処分するだけで、
整然と整います。

我が家の不必要なものをきっぱりと
処分できた引き出しは、
不思議ですがピシッと中に物が収まるのですが、
処分に迷い残してしまった物のあった引き出しは、
ちょっと不完全で中身が収まらない
残念な引き出しになってしまいました。

なのでピッタリ収まる収納を目指して、
まだまだ不必要なものの処分が必要なようです。

 

そして最後に、処分するといっても、
『棄てる』ではなく、
リサイクルショップやフリマアプリなどを
活用して環境に優しい取り組みもしていきたいですね。

綺麗になった家ならば、
次に増えるアイテムにも慎重になるはずです。

無駄な買い物や、無料で貰える
不要なアイテムは貰わない。

そんな心がけも必要になりそうです。

以上、写真もなくダラダラと書いてしまいましたが、
年末のお片付けの参考になれば幸いです。
収納方法についても学んできたのですが、
それはまた今度。

それでは、良いお年をお迎えください。

半田

 

コーディネーターブログ

2017/12/11

こんにちは。一ノ瀬です。
12月に入り、街はもうすっかり
クリスマスや年末の雰囲気ですね。

この時期になると1年の始まりのころを思い返しますが、
心機一転した気分になっていた年始から
あっという間に経ってしまう時間の速さに、
毎年毎年驚きます。

そして自分がどんなふうに1年を過ごしたか。
振り返りながらまた来年の事を考える時期でもあります。
皆さまはこの1年どんな年になりましたでしょうか?

世の中では良いニュースや悪いニュースも
たくさんあった年でしたが、良い年末を迎えられるよう、
残りの2017年もがんばっていきましょう!

さて、最近は気温の冷え込みがより一層厳しくなり、
朝布団からやっとの思いで出たと思ったら、
床の〝ひやっと〝感に毎朝やられている私ですが、
そんなときに考えるのが、自然素材のことです。

私たちが使っている自然素材、
特にお家の印象を大きく左右する床ですが、
大きく分けて2種類、針葉樹と広葉樹に分けられます。

その第一の違いとしては硬さがあり、
一般的には広葉樹は重くて硬く、
針葉樹は軽く柔らかいとされていますが、
これは木の含む空気の量に関係しています。

特に針葉樹は広葉樹に比べ空気を含む量が多く
〝ひやっと〝しない肌触り、
冬場でもあまり冷たいと感じません。

代表的な針葉樹のヒノキの施工事例です。

2017.12.10 床桧無垢1

ヒノキはその香りにも癒されますね。

また、節の印象もある針葉樹ですが、
同じヒノキでも節の少ないものもあります。

2017.12.10 床桧無垢2

だいぶ印象も変わります。

こちらも改装でヒノキを採用している事例です。

2017.12.10 床桧無垢3

私たちの慣れ親しんだ座の生活には
柔らかく暖かい床は欠かせませんね。

またこちらもよく使われるパインの床の事例。

2017.12.10 床パイン無垢1

節の出方にも特徴のあるパインですが、
ナチュラルな雰囲気が印象的な材になります。

同じお家の玄関。

2017.12.10 床パイン無垢2

靴を脱いでお家に入る感触が柔らかいって、
良いですね。

それでは、世の中の
〝ひやっと〝が無くなりますように・・・
(少しスケールの大きな話で終わりです。)

一ノ瀬

設計担当ブログ

2017/12/11

皆様こんにちは、設計の関嵜です。
今年もあとわずかとなりました。

さて今回は、年末といえば・・・、
やはり〝 大そうじ 〟ですね。

なので、おうちの各所のお掃除方法をお伝えいたします。
家事力アップ間違いなしです!
是非、ご参考に一度試してみてください。

■窓ガラスの汚れ

準備する物:新聞紙・バケツ・水・ゴム手袋

新聞紙は繊維が細かいので、汚れが落としやすく
使われてるインクには艶出し効果もあるので
ベストな掃除道具といえますね。

※手が汚れますのでゴム手袋着用はマストです。

窓ガラス掃除日和は晴れの日ではなく、
実は曇りの日がベストになります。
理由は晴れほど乾燥も少なく、
そして窓ガラスの汚れが湿気を吸って
落ちやすくなっているのがポイントです。

新聞をちぎり、丸めてボール状にします。
このようなボールを先に幾つか用意しておくと
後の作業が楽になります。
折り畳んだモノの方が持ちやすい方は
畳んだ物を用意して下さい。

内側を拭く際に汚れがわかりやすくなるため
窓の外側から拭き始めます。

ボール状の新聞紙を水に濡らし上から下に
ギザギザを書くようにして拭きます。
乾く前に跡が残らないように拭き取ります。

汚れがひどい場合は〝中性洗剤をバケツに少量入れ、
新聞紙を浸してから汚れの上に貼り付けて
しばらく置いて、乾かないうちに拭き取ります。

☆手の届かない場所の窓ガラス拭き方法

床用クイックルワイパーの柄の先のペーパーホルダー部分(平たい所に)に
スポンジを輪ゴム等で留め、簡単ガラスワイパーとして使います。

留めるスポンジをホルダーより、はみ出す位置で固定すると、
ガラスの角の掃除がしやすくなります。
拭き取りも同じようにスポンジを洗って使えば簡単便利です。

■網戸の汚れ

網戸の掃除は片面づつ拭くと、網戸が変形したり
破れたりする可能性が有りますので、
両面から雑巾などで挟み込みながら拭くのが基本です。

網戸は格子状になっているので、
縦・横・斜めなど色々な角度で拭くと良いです。

■サッシの溝の汚れ
・刷毛で汚れをほぐす
・歯ブラシで大雑把に掃除する
・細かい所は爪楊枝や割り箸で汚れを掻き出す
・雑巾でサッシ溝全体を拭く

などが一般的ですが、

スポンジを使うと楽です。

スポンジを切り離さない豆腐の賽の目に切れ目を入れます。
大体1.5cmから2cm四方になるような間隔と良いでしょう。

スポンジは以外と切り辛いのでスポンジをしっかり握って、
潰す感じで持って切れば簡単に切れます。

水にスポンジを浸して、サッシ溝に当てて擦って下さい。
軽く擦っただけで隅の汚れもスポンジできれいに取れます。

雑巾ですと何度も拭くようになるので、
楽に掃除ができると思います。

切込みを入れることで、凸凹がいっぱい出来るので
汚れを取りやすくしてくれます。
メラミンスポンジは、切り込みがすぐに切れて
分離してしまいますので不向きです。

大掃除の際に参考にしていただけたらと思います。

最後になりますが、
今年もお世話になりました。
良いお正月をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。

関嵜

1 2 3 268

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)