優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ
現場レポート

2018/08/20

こんにちは。工事部の平です。
現地は、大工工事が始まりました。

まずは構造補強や床の下地組みを行います。

構造補強は、間取り変更に伴い、
柱や筋違いを取り外した所を、
現状の耐震強度と同等又は、
それ以上の状態にしていく為、
梁や筋違いを入れたり、
金物を付けたりします。

梁補強は、柱を取り外した所に梁を
二重にして補強します。

2018.08.18IRtei1

中央の柱を取り外し、
柱の上の梁が垂れ下がってこないように
下に梁を抱かせます。

2018.08.18IRtei2

梁と梁は、ボルトと結合します。

また、
すぐ上に二階の床や屋根がある場合は、
ボルトを通すことが出来ない為、
梁を金物で固定します。

2018.08.18IRtei3

構造補強用の金物は、付ける場所や
用途によって変えております。

・土台や梁同士の接点
2018.08.18IRtei4
・筋違いと柱の接点
2018.08.18IRtei5

・柱と梁・土台の接点
2018.08.18IRtei6

※筋違いと接している柱には、
地震などによって大きな負荷がかかる為、
引抜きに抵抗する力が大きな金物を用いています。

2018.08.18IRtei7

優建築工房では、
補強金物は施工範囲の必要箇所全てに
取り付けるのが標準的な施工で、
監督と技術責任者が、
金物の取り付けや構造補強がきちんと
行われているかを全箇所チェックします。

また、床の下地組みも進みました。

2018.08.18IRtei8

2018.08.18IRtei9

内観の雰囲気が変わり、仕上がった様子が
想像しやすくなりましたね。

次回は、給排水の切り回しの様子をお伝えします。

btn_all
btn_past

現場監督ブログ

2018/08/20

お盆を過ぎて、少しだけ過ごしやすい陽気に
なった気がしますが、それでも酷暑の今夏!
皆さんは夏バテなどしていませんか?
今週は、7月に、なぜか時季外れの
インフルエンザに感染してしまった
大坂が書かせていただきます。

この1週間では、基礎配筋検査が2件、
木造軸組み検査が3件ありました。

また、先日には私共も1週間の夏休みを頂きました。

その間は、全て近場の日帰りでしたが、
子供たちのリクエストに応えて
普段連れていけないところへ繰り出す毎日でした。

しかし、様々な施設やレジャーに出かけても、
私はなぜか展示やアトラクションなどより
建物の方に目がいってしまいがちで、
これもある意味職業病なのかなぁと苦笑していました。

今回はその中のひとつ、さいたま市にある鉄道博物館で
見つけたことをご紹介したいと思います。

この鉄道博物館は、今年の7月に新館が完成して、
リニューアルオープンしたばかりでした。

メイン展示スペースは、繊細なトラスの架構が
広大な空間を造り出していました。

2018.8.20naibu1

2018.8.20naibu2

私共が普段携わる住宅などとは
スケール感が全く違うのですが、
その大空間に圧倒されるとともに、
その精度と技術力の高さは
目を見張るものがあります。

きっと詳細な構造計算や様々な負荷に対する
シミレーションの末に出来上がったであろう架構には、
研ぎ澄まされた構造体の美しさを感じました。

一方で、不特定多数の人々が集まる施設独特の
配慮がされた優しいディテールも各所に見られます。

例えば大きな吹抜けに面する手摺のデザインです。

2018.8.20tesuri

ステンレスのパイプの骨組みに
強化ガラスがはめ込まれた手摺で、
上部が斜めにオーバーハングした
デザインとなっています。

このデザインには、下にモノが落ちないように、
そして下階の展示を見るのに妨げにならないように、
という配慮を感じます。

そして、下階の展示に夢中になって
身体を手摺より乗り出しても落下しないように、
ということまで考えられているように思えます。

模型の展示ケースのカウンターはとても厚く、
大きな面が取られています。

2018.8.20counter

多くの人が直接手で触れる部位なので、
決して鋭利にはせず、素材も無垢の木が
使われていました。

このあたりは、私共が普段から
実践していることと同じだなぁと思い、
少しうれしくなりました。

しかし、私にはカウンターの高さがかなり低い印象です。

飲食をするためのカウンターではないので、
低いのかなと考えていると、違いました。

夢中になって展示を見ている息子を見て、納得。

2018.8.20mutyuu

すごくしっくりとしています。
実は、小学校低学年の子供たちには
ちょうど良い高さなのでした。

常に、それを使う人、そこで過ごす人を想像して
建築をデザインする、という基本的なことが
ちゃんとされているのに気付かされました。

最後にメインアプローチについてもご紹介を。

2018.8.20approach

ヨーロッパの駅舎のような雰囲気で、鉄骨のトラス柱に
支えられた割と低めに抑えられた屋根の中央から
日差しがこぼれ落ちる、とても気持ちの良い空間でした。

全ての来場者がここを通るわけですが、
いやでも鉄道に対して気持ちが高まっていくに
違いありません。

よく見ると、足元のタイルが部分的に
異なるのがわかると思います。

2018.8.20approaciyuka

実はこれ、文字や数字が書かれた
特別なタイルが貼られていて、
全体として時刻表になっているのでした。

2018.8.20yukatile

ちょっとした遊び心なのかもしれませんが、
気づいたときには「やられたっ」て感じで
微笑んでしまいました。

建築の基盤である安全で堅牢な構造と優しいディテール、
そして遊び心と、展示だけでなく建築物としても
とても見ごたえのある鉄道博物館でした。

大坂

コーディネーターブログ

2018/08/20

こんにちは。事務の中村です。
今年の夏の異常な暑さ、身体に応えます。
年々暑さが酷くなっていて温暖化が
叫ばれているところですが、
プチ氷河期がやってくるとも言われていて、
この暑さが懐かしく感じる未来になるかもしれません。
どちらがいいのか、、、
どちらにしろ、私たちの人体への影響もさることながら、
農作物にも影響がでるのは確実です。
日頃から慣れ親しんだ食べ物が手に入らなくなる
こともでてくるかもしれません。

我が家の畑も今年は不作なものが多く、
キャベツは暑さで溶けて腐りますし、
プチトマトも例年より生りが悪く、
スイカは小さいものしかできませんでした。

そんな我が家の畑。
母がこの暑さと畑の周りにも家が建ち、
環境が変われば、やり難いこともでてきて、
もう手放すことにしました。
今年限りでみずみずしい野菜たちとお別れです。

2018.8.19畑 2018.8.19畑1

いつの間にか、自由にのびのび暮らせた
環境がなくなっていました。
畑や原っぱは、あれば草や虫も来て大変ですが、
いざ、なくなると思うと寂しい感じがします。
贅沢な環境が身近にあったことに感謝です。

そんなことで優カフェメニューで好評でした
紫蘇ソーダも今年が最後となりそうです。

そんな寂しいお知らせのあとですが、
お盆休み皆さんいかがお過ごしでしたか。
我が家は親戚が集まってくるので、
待ちの体制が多い日になります。
なので、お盆休みの前にでかけたお話を。

恒例の夏のおでかけは!
またか、と思われること覚悟で神宮球場~。

2018.8.19神宮球場1 2018.8.19神宮球場2

はい、我が中日ドラゴンズの巨匠も来訪されてます。

2018.8.19柵グリ4 2018.8.19柵グリ5

暑さが厳しいなか、人がすごい。
なんとか隙間からやっとみれました。

神宮球場の素敵なところは、
選手がものすごく近くでみれるところ。
わくわくします。

カフェもご紹介です。

2018.8.19スタジアムカフェ

球場前のビルの中、試合前に涼みに行ける
素敵カフェがあります。スタジアムカフェ。
お先に腹ごしらえの美味しいハンバーガーなどが
サクッといただけます。

そして、横浜スタジアム。

2018.8.19横浜スタジアム

この球場の素敵なところは、横浜らしい夜景。

2018.8.19横浜スタジアム1

2018.8.19ハマスタ夜景

ビール片手に黄昏時を楽しむのもいい時間ですよ。
横浜が勝利のときは花火が上がりまーす。
夏ですねって感じを満喫できます。

2018.8.19ハマスタ花火1

2018.8.19ハマスタ花火2

別日。
あの美女ミランダカーも来た!という、
美容液のような温泉があるとのことで、
下田の観音温泉へ。

2018.8.19観音温泉

本当にすごいとろとろなお湯でした。
湯上りはサラサラといいお湯でした。
またぜひ行きたいと思う温泉でした。
ただ、すんごーい山の中でございます。

行きにも見かけた滝の看板、
こんなところに滝?と帰り道、寄ってみました。
よく行く伊豆にまだ知らない滝がありました。
大滝。
以外におっきな滝でした。

大滝

浄蓮の滝や河津七滝は有名ですが、
落差は浄蓮の滝よりはるかにあります。
通りすがりに看板があって初めて知りました。

涼を求めて、浄蓮の滝や河津七滝のカニ滝にも
立ち寄ってみました。やはり涼しい。

浄蓮の滝
浄蓮の滝

カニ滝
河津七滝 かに滝

カニ滝は遊泳可能で、こんな綺麗な水のなか
泳ぐ人が羨ましくなりました。
かなり冷たいお水のようで、お湯が用意されていました。

また涼を求めて、旧天城トンネルも歩いてみました。

旧天城トンネル2

天城トンネルなか

涼しい、とても涼しいけど、
如何にもデソウな雰囲気。
一人じゃ怖くて歩けません。

後ろから歩いて来る方がいて何となく振り向いたとき
三人いたのに、歩いてくるのは二人に、、、え~?
と思っていたら、戻ったら車で待ってた方がいました。
ほんこわ話が増えたと思ったら違いました。(笑)

最後に季刊誌yukobo letter夏号のプレゼント抽選。
今回の幸運の女神、じゃなくて何、幸運の王子⁇
ラッキーボーイでいいかな、、、は友坂さんです。

2018.8.19プレゼント1 2018.8.19プレゼント2

2018.8.19プレゼント3 2018.8.19プレゼント4

はずれてしまった方、すみません!!
でもどこの抽選より確立はいいと思いますので
懲りずに頑張って次回も応募してください。
①~④のご応募条件は必須です。
ご応募の際はご注意ください。

秋号もナチュラルな何かしらをご用意しています。
またのご応募お待ちしております。

事務所のエントランスに夏の花を最後に載せて。

2018.8.19玄関花1

また次回~。

中村

1 2 3 312

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)