優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ
現場レポート

2017/08/07

こんにちは。工事部の井出です。
先週は床張りの作業を進めました。
今回は、床の下地組みは既存利用しており、
1・2階共に重ね張りです。

材料は“パイン無垢”の床材を採用しております。

約10㎝幅のパインの床を1枚1枚、叩いて寄せて、
張っていきます。

20170805IYtei1

着々と張り進めます。

20170805IYtei2

無垢の床材は、生活していく中で、
焼けて色味が変化していったり、
季節や湿度によって、
収縮して材と材の隙間が広がったり、また閉じたり。
生活を進めていく中で色々な表情を感じられます。

工事はまだまだ序盤なので、
床張りを進めながら床に傷がつかないように
床養生(保護)していきます。

20170805IYtei3

20170805IYtei4

工事を進めていく中で養生を剥がしていく部分
(キッチンや家具等を設置していく部分)は、
剥がしやすいように、区切りながら、養生をしていきます。

20170805IYtei5

20170805IYtei6

床張りを終えたら、次は建具枠の取り付け等、
壁周りの作業を進めていく予定です。

btn_all
btn_past

コーディネーターブログ

2017/08/07

こんにちは。
コーディネーターの上田です。

今日は設計の平野さんも先日ブログでご紹介
させて頂いたリフォーム物件について、
わたしからは内装を中心に
ご紹介させて頂きたいと思います。

まずは玄関を入って正面。

2017.08.07ue1

和室と廊下を挟んで斜め奥にあったキッチンを
壁を取り払いひとつの空間につなげたS様邸。

間取り変更に伴い、玄関からLDKへ入って
すぐのこの写真のエリアには、
今まで壁の中に隠れていた既存の柱が3本、
集中して出ています。

2017.08.07ue2

柱の存在感が出すぎない様、
一番右の黒く塗装したカウンターの柱以外は
周囲になじむ仕上げに。

お手持ちの家具や北欧テイストの
雑貨の雰囲気に合わせ、
グレー×ブラックをテーマカラーに、
入口の正面となるカウンターの下は、
グレーのタイルで仕上げました。

2017.08.07ue3

造作の洗面台も同じくグレーのタイルで。
2017.08.07ue4

トイレもグレーのアクセントクロス。

と、、、こちらはもうひとつ、こっそりとしたご提案が。

六角形柄の床材は、
実は洗面台のタイルとこっそりリンクしてます!

S様邸には実はこっそりご提案がもう一箇所。

一枚目の写真にも写っていた、
ホールの収納の右にある木のニッチ収納。

2017.08.07ue5

こちらは、格子横の壁に飾るご予定の
お手持ちファブリックパネルと同じ形なっています。

2017.08.07ue6
お住まいになられ、パネルを飾られた
ご様子を是非拝見させてください!
楽しみにしております。

終始、楽しく打ち合わせをさせて頂き
ありがとうございます。

住まいを拝見させて頂き、
奥様からは収納のコツも学ばさせて頂きました。

S様、今後ともよろしくお願い致します。

上田

設計担当ブログ

2017/08/07

こんにちは。設計の中込です。
前回からの続き
住まいを語る。
今回は「格子」について。

格子は、調べると、
細い角材を縦横の格子状に組み上げた建具。
細い木や竹などを、縦横に間をすかして組んで、
窓や戸口の外などに打ち付けたもの。

と出てきます。

日本らしさを感じやすい部分ですね。

今ではこの格子のある暮らし・町並みを
強く感じる事ができるのは、
京都や金沢等の保存地区でしか
感じる事はできなくなっておりますが、
かつての日本にはたくさんの格子を
外部に使用した美しい町並みが
そこここにあった事と思います。

郷愁を誘う古い日本の町並みの風景は、
1960年代の高度経済成長が決定打になり、
失われた風景になったと、書いてある本がありました。

私たちのご提案する住まいづくりにおいても、
格子はよく用いておりますが、
町並みを構成する外部については、
京都や金沢の町家のように、
ふんだんに格子を用いた例はなかなかありません。

先日、休暇を頂き、
金沢を訪れる機会に恵まれたのですが、
格子をふんだんに使用した郷愁を誘う
古い日本の町並みを見る事ができ、
あらためて格子の素晴らしさを感じる事ができました。

0807kousi1

0807kousi2

0807kousi3

0807kousi4

家の内部と外部の境界に格子が建てられると、
格子は風や光を通し、内からは外の行き来が見え、
ざわめきや様子を伺う事ができるが、
外からは内を覗くことはできず、
内部の生活の気配が何となく伝わる。

0807kousi5

0807kousi6

0807kuosi7

格子の特別感、魅力がここにあります。

境界の性格が柔らかく、懐の深い表情が生まれるのです。

木の格子の質感の良さ、
連続する木のリズム感、意匠性の良さも
とても重要は格子の良さです。

格子の素晴らしさを再考したいと思います。

0807tori1

続きは次回。

中込

 

 

 

 

1 2 3 245

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)