優建築工房 優しい暮らし

リフォーム・リノベーション・注文住宅を
湘南・横浜・厚木など
神奈川でお考えなら優建築工房へ

HOME私たちのブログ
設計担当ブログ

2018/06/18

こんにちは、設計の平野です。
梅雨に入りじめじめとした日が続きますが、
元気出していきましょう!

さて、6月17日は「父の日」でしたね。

ハッハー!私は娘たちにもらいましたよ、プレゼント!
「湘南ビキニクッキー」で有名な
平塚の焼き菓子屋さん「マ・コピーヌ」さんが、
ららぽーとで 父の日ワークショップを開催していたらしく、
そちらに参加し手作りをしてきてくれたとのこと。

「父の日ワークショップ」
hrn18.06.17ワークショップ

「手作りクッキー」
hrn18.06.17手作りクッキー

持ち帰りの際にくっついたのか、
なんだか字がくずれまくってますけど・・・
ま、見てくれはどうでも良いのだ。
気持ちに感謝!!
嫁には、母の日にマ・コピーヌさんのマカロン
(これまた美味)をあげておいてよかったぜ・・・
あっ、でちゃってます?心の声。

さてさて、話は変わりますが、
お打合せを重ねていた 鉄筋コンクリート造(RC造)の
マンション・団地のリフォーム・リノベーション物件
が数件、工事に入りました。

RC造、といっても構造躯体の工法や、
壁床天井などの下地の造り方も物件により違います。

RC造の構造躯体は、大別すると
「ラーメン構造」または「壁式構造」のどちらかです。

「ラーメン構造」は、ドイツ語で「枠」のことで、
太い柱と梁で構成されている構造のこと。

中の間仕切り壁は、RC構造ではなく、
木またはLGS(軽量鉄下地、軽天ともいう)で
出来ているので、撤去可能で大きな空間がつくりやすい。

「壁式構造」は、その名の通り壁が構造躯体になり、
外周部分だけでなく内部の間仕切り壁もRC壁で
出来ている部分があり、それを撤去することは
基本的に出来ません。

解体工事中の写真を見ると分りやすいです。

①「ラーメン構造」
hrn18.06.17ラーメン構造解体中

外周隅の大きな柱や窓上の梁、
天井の途中に出てくる梁が構造躯体。

その他の間仕切り壁は木下地で出来ており、
撤去が済んだところです。

②「壁式構造」
hrn18.06.17壁構造解体中

外周部に柱や梁はありませんのでスッキリしますが、
間仕切り壁や下がり壁もコンクリートの構造躯体です。
これは壊せないので、間取りの変更をするには、
壁ありきで考える必要があります。

次に、床の下地について。

こちらもいくつかの工法があり、
計画上大事なチェックポイントになります。

マンション・団地などの集合住宅では、
下階への配慮として「床の遮音性能規定」
が設けられていることがあり、定められた
LL-40やLL-45といった遮音性能値を
クリアした床の造り方にする必要があります。

<スラブ直貼り>
「スラブ」とは、
鉄筋コンクリートで出来た床板のことで、
そこにフローリングやカーペット、
クッションフロアシートなどが、
「直」に仕上げられている状態です。

フローリングは、遮音性能を満たすため
裏にスポンジのようなクッションが
付いているものを貼るので、
少しフワフワした歩行感があります。

「無垢フローリング」を張る場合は、
この遮音フロアの上に重ね張りをします。

下の写真は、既存の直貼りフロアを
剥がしている途中の状態。

hrn18.06.17直貼りフロアはがし中

既存フローリング裏のクッション材が、
スラブにくっついているのが分かると思います。
これはスクレーパーなどでこそぎ取り、
新しい床を貼るのにに支障がないようにします。

<二重床(置き床)>
スラブの上に 上げ床が造られている状態です。
「置き床」というのは台座付きの脚の上に、
「パーティクルボード20ミリ+ ベニヤ+仕上げ材」
というパターンが多いですが、
団地などでは木で骨組みを組んだ上に
フローリングが張られていることも多いです。

下の写真はその例です。

hrn18.06.17木組みの二重床解体中

給排水の配管を通すために、
水周りは「二重床」になっていることが多いのですが、
高さ関係を良く確認する必要があります。

居室は「直貼り」で水周りは「二重床」の場合、
洗面所の入り口で10~15センチくらい
段差があって上がっていることが多いです。

hrn18.06.17水周り置床

逆に水周り下だけスラブ(コンクリ―ト床板)が
下がっていて、仕上がりはフラットという場合もあります。

hrn18.06.17水周りがスラブ下げ

配管が出ているところがトイレで、
スラブが下がった二重床。
居室部分はスラブが上がっており、
直貼り仕上げです。
左官屋さんがモルタルで下地を整えているところ。

水まわりも移動するようなリノベーションの場合は、
「排水管の経路」が一番のキモ!
といっても過言ではありません。

それには、
この既存の床構造を良く理解しておかないと、
工事が始まってから、
「そこに排水管が通せないから設備の移動が出来ません!」
「床に想定外の段差ができます!」
ということになりかねません。

以上のように、
解体の状態を見るとRC造の住まいの内部が
どのように出来ているが良く分かり、
新規の計画をどうすれば良いのかも
分かりやすいのですが、
実際のお施主様との詳細打ち合わせと設計は、
解体が始まる前には計画が完了していることが、
私たちの仕事の進め方の基本です。

というのは、
解体した後に色々と計画を練り、
お打合せをして諸々の仕様などを決めていては
工期(時間)も多くかかってしまいますし、
かかる工事費用も読めず、非常に不安定な状態で
進めていくことになってしまいます。
それは出来るだけ避けたい。
という想いからです。

どうしても壊さないと分らないことも
中にはありますが、何がそうなのかは、
少なくもハッキリとさせておきます。

ですので、
着工前の度々の現地確認や
お施主さまとの詳細お打合せには、
少々お時間をかけさせて頂いております。

お打合せ~工事中も含め、
大満足して頂ける住まいづくりを
全力でお手伝いさせて頂きます。

マンション・団地のリフォーム・リノベーションを
お考えの方も是非ご相談下さい。

平野

現場レポート

2018/06/11

こんにちは。工事部の平です。
現地は、窓枠が取り付けられました。
リビング・ダイニングは、既存の窓枠を取り外し、
新しく無垢材を加工して取り付けています。

出窓の枠は、他の窓枠と施工方法が違い、
天板のカウンターを取り外さずに施工しています。
出窓のカウンターは無垢材で加工して作ることが難しい為、
今回は既存のカウンターを取り外さず、
タモの突板(厚み5.5mm)を重ね張りして、
正面から木の小口が見えないように大手を取り付けています。

2018.06.09SStei1

無垢の窓枠になると、雰囲気が変わり、明るく感じますね。

・既存出窓
2018.06.09SStei2

・新規出窓
2018.06.09SStei3

また、既製品の建具枠とユニットバスの枠も
取り付けられました。

2018.06.09SStei4

2018.06.09SStei5

リビング・ダイニングは、窓枠にあわせて、
無垢材の造作建具枠を取り付けています。

枠を下地に固定をして、石膏ボードを張っていきます。

2018.06.09sstei6

2018.06.09SStei7

建具枠が出来上がると造作建具が吊り込まれることが、
より楽しみになりますね。

次回は、
木工事完了とクロス工事について
お伝えしていきます。

btn_all
btn_past

現場監督ブログ

2018/06/11

こんにちは。工事部の井出です。
先日、関東も梅雨入りし、
暑さと雨による湿度と格闘する季節に
なってしまいました。

現場は更に、熱中症に注意していますので、
皆様もこまめに水分を取って、お気をつけ下さい。

先日、電柱移動に立ち会う珍しい機会がありましたので、
今回は、その時のお話しをさせて頂きます。

敷地内にある電柱の移動は、
建て替えや改装工事のタイミングでは、
無償で電柱の所有会社(東京電力さんやNTTさん)に
移動をお願い出来ます。

逆に敷地の外にある電柱の移動は有償になる事が
ほとんどのようです。

既存電柱はこちら。

20180609dentyu1

新築に伴い、駐車をスムーズにするため
電柱の移動を行います。

20180609dentyu2

電柱移動と言っても、
今ある電柱をそのまま移動するわけではなく、
新しい電柱を建てて、
架かっている電線関係を移設し、
旧電柱を引っこ抜きます。

段階を踏むので、長い期間が掛かる事が多いようです。

今回は最初の建柱に立会いました。

まずは新しい電柱を地面に埋め込むため、
穴掘り建柱車で深く穴を掘ります。

20180609dentyu3-1

20180609dentyu4

約2m60cm埋め込むとのこと。

地盤が固かったようで、かなり時間が掛かっていました。

20180609dentyu5

次に電柱が登場です。
何本も積んでいるさまはなかなかの迫力

20180609dentyu6-1

20180609dentyu7-1

穴掘り建柱車と電柱を運んできたユニック車が協力して、
電柱を起こしていきます。

20180609dentyu8-1

ググ

20180609dentyu9-1

グググ

20180609dentyu10-1

ドンと埋め込みます!

20180609dentyu11-1

その後、真っすぐ建っているか微調整をして、

20180609dentyu12-1

建柱完了です

20180609dentyu13

この後、電線を移動して、古い電柱を撤去して
電柱移動が完了になるようです。

信号を目の前で見るとかなりの大きさだというのは、
何度か聞いたことがありましたが、
普段、何気なく見ているものが目の前にくると
かなりの迫力だという、貴重な実体験が出来ました。

皆様も、もし見かける機会があったら
ちょっと見学してみるのも面白いと思います!

井出

1 2 3 301

資料請求・お問い合わせ

Tel 0120-873-312 営業時間9:00~18:00(定休日:水曜日)